プレミア12まで100日余り 韓国は予備エントリー、侍ジャパンはスケジュール発表

侍ジャパン・稲葉篤紀監督(左)と山中正竹強化本部長(写真:ストライク・ゾーン)

今年11月に行われる野球の国際大会、「WBSCプレミア12」まであと100日余り。韓国野球委員会(KBO)は23日、韓国代表予備エントリー90人を発表した。また日本代表「侍ジャパン」は22日に大会に向けたスケジュールを発表した。

東京五輪の出場権をかけた戦い

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催するプレミア12は4年に1度行われ、WBSC世界ランキング上位12の国と地域が参加し行われる。2015年の第1回大会で韓国は初代王者となった。

2回目となる今大会は2020年東京オリンピック(五輪)への出場権2枠をかけた予選も兼ねている。

東京五輪の野球競技に出場する6チームのうち、開催国の日本は出場が決定。プレミア12ではアジア・オセアニアの中から日本を除く上位1位チームと北中南米地域の上位1チームが東京五輪行きを手に出来る。

ただし、各地域の上位1チームになっても、大会全体で7位以下の場合は五輪の出場権は得られず、来年3月に台湾で行われる五輪最終予選に挑むことになる。

韓国は予備エントリーを発表

韓国は今季のKBOリーグでの成績を下地に、国際大会での経験、若手選手への動機づけを考慮して90人の予備エントリーを選考。海外組では唯一、レイズのチェ・ジマン内野手が選ばれた。

またNPBでのプレー経験がある選手では投手でハ・ジェフン(SK)とイ・デウン(KT)、野手ではキム・テギュン(ハンファ)とイ・デホ(ロッテ)の計4人が名を連ねている(選手一覧は下部に掲載)。

韓国はこの暫定的なエントリーを元に、9月3日までに45人の名簿をWBSCに提出する予定だ。

韓国代表を率いるキム・ギョンムン監督(写真:ストライク・ゾーン)
韓国代表を率いるキム・ギョンムン監督(写真:ストライク・ゾーン)

(関連記事:ソン・ドンヨル前監督に代わる韓国の新指揮官は「北京の金監督」 任期は東京五輪まで

侍Jは大会前にカナダと強化試合を実施

一方、日本代表・侍ジャパンは22日に東京で会見を行い、大会に先がけて10月31日、11月1日に沖縄・那覇でカナダとの強化試合を行うと発表した。

カナダはプレミア12でグループBの日本とは別組のグループC。韓国、キューバ、オーストラリアと対戦し、スーパーラウンド進出を目指す。

侍ジャパンは大会前にカナダとの強化試合を行う(写真:ストライク・ゾーン)
侍ジャパンは大会前にカナダとの強化試合を行う(写真:ストライク・ゾーン)

日本は例年行われていた3月の強化試合を来年は実施せず、10月21日から宮崎で行う代表合宿と強化試合、そしてプレミア12が五輪に向けてチームが結束する機会となる。

第1回大会では準決勝で韓国に敗れ、3位で大会を終えた日本。前回大会に打撃コーチとして参加した稲葉篤紀監督は4年前を振り返り、今大会に向けて以下のように語った。

「準決勝の韓国戦は終盤に逆転されるという試合は、私の中で今も記憶に残っている。ああいう悔しさを忘れず新しいチームでしっかりと戦っていきたいと思っている。この大会を来年のオリンピックにつなげていきたい」

韓国代表一次予備エントリー

◇SKワイバーンズ 11人

投手:ハ ジェフン ソ ジンヨン キム グァンヒョン ムン スンウォン パク チョンフン キム テフン

捕手:イ ジェウォン

内野手:チェ ジョン

外野手:キム ガンミン コ ジョンウク ハン ドンミン

◇トゥサンベアーズ 12人

投手:ハム ドクチュ イ ヨンハ パク チグク イ ヒョンボム

捕手:パク セヒョク

内野手:ホ ギョンミン オ ジェイル キム ジェホ チェ ジュファン

外野手:チョン スビン キム ジェファン パク コンウ

◇ハンファイーグルス 6人

投手:チャン ミンジェ チョン ウラム パク サンウォン

捕手:チェ ジェフン

内野手:チョン ウンウォン キム テギュン

◇キウムヒーローズ 10人

投手:ハン ヒョンヒ チョ サンウ オ ジュウォン チェ ウォンテ キム ソンミン キム サンス

内野手:キム ヘソン キム ハソン パク ピョンホ

外野手:イ ジョンフ

◇KIAタイガース 5人

投手:キム ギフン ムン ギョンチャン ヤン ヒョンジョン

内野手:アン チホン パク チャンホ

◇サムスンライオンズ 10人

投手:チャン ピルチュン チェ ジグァン ウォン テイン チェ チュンヨン チェ チェフン

捕手:カン ミンホ

内野手:キム サンス イ ハクチュ

外野手:パク ヘミン ク ジャウク

◇ロッテジャイアンツ 6人

投手:ソ ジュンウォン パク チンヒョン

内野手:イ デホ

外野手:ミン ビョンホン チョン ジュンウ ソン アソプ

◇LGツインズ 10人

投手:コ ウソク チャ ウチャン イ ウチャン チョン ウヨン

捕手:ユ ガンナム

内野手:オ ジファン

外野手:キム ヒョンス イ チョンウン イ ヒョンジョン チェ ウンソン

◇KTウィズ 10人

投手:チョン ソンゴン イ デウン ペ ジェソン キム ミン

内野手:シム ウジュン ファン ジェギュン オ テゴン

外野手:キム ミンヒョク カン ベクホ ユ ハンジュン

◇NCダイノス 8人

投手:チャン ヒョンシク パク チンウ ウォン ジョンヒョン イ ジェハク ク チャンモ

捕手:ヤン ウィジ

内野手:パク ミンウ パク ソクミン

◇サンム(国軍体育部隊) 1人

投手:シム チャンミン

◇海外チーム所属 1人

内野手:チェ ジマン(レイズ)

プレミア12試合日程

各グループの組み合わせと対戦日程(日付は現地のもの)。

◇グループA(メキシコ・グアダラハラ開催)

参加チーム:アメリカ(2位)、メキシコ(6位)、オランダ(8位)、ドミニカ共和国(12位)

・11月2日(土)

アメリカ-オランダ(エスタディオ・チャロス・デ・ハリスコ)

メキシコ-ドミニカ共和国(エスタディオ・チャロス・デ・ハリスコ)

・11月3日(日)

オランダ-ドミニカ共和国(エスタディオ・チャロス・デ・ハリスコ)

アメリカ-メキシコ(エスタディオ・チャロス・デ・ハリスコ)

・11月4日(月)

ドミニカ共和国-アメリカ(エスタディオ・チャロス・デ・ハリスコ)

・11月5日(火)

メキシコ-オランダ(エスタディオ・チャロス・デ・ハリスコ)

◇グループB(台湾・桃園、台中開催)

参加チーム:日本(1位)、チャイニーズ・タイペイ(4位)、ベネズエラ(9位)、プエルトリコ(11位)

・11月5日(火)

日本-ベネズエラ(桃園国際野球場)

チャイニーズ・タイペイ-プエルトリコ(台中インターコンチネンタル野球場)

・11月6日(水)

日本-プエルトリコ(桃園国際野球場)

ベネズエラ-チャイニーズ・タイペイ(台中インターコンチネンタル野球場)

・11月7日(木)

プエルトリコ-ベネズエラ(台中インターコンチネンタル野球場)

チャイニーズ・タイペイ-日本(台中インターコンチネンタル野球場)

◇グループC(韓国・ソウル開催)

参加チーム:韓国(3位)、キューバ(5位)、オーストラリア(7位)、カナダ(10位)

・11月6日(水)

キューバ-カナダ(コチョクスカイドーム)

韓国-オーストラリア(コチョクスカイドーム)

・11月7日(木)

キューバ-オーストラリア(コチョクスカイドーム)

カナダ-韓国(コチョクスカイドーム)

・11月8日(金)

オーストラリア-カナダ(コチョクスカイドーム)

韓国-キューバ(コチョクスカイドーム)

◇スーパーラウンド(日本・東京、千葉開催)

参加チーム:各グループの上位2チーム、計6チーム。

対戦方式:他グループ4チームとの総当たり戦

開催日:11月11日(月)~11月16日(土)

開催場所:東京ドーム、ZOZOマリンスタジアム

◇3位決定戦

参加チーム:スーパーラウンドの3、4位チーム

開催日:11月17日(日)

開催場所:東京ドーム

◇決勝戦

参加チーム:スーパーラウンドの1、2位チーム

開催日:11月17日(日)

開催場所:東京ドーム

[映像]WBSCによる大会プロモーションムービー