左腕エース対決はKIAがLGに圧勝 24歳パク・チャンホが5安打の活躍<韓国KBOリーグ>

5安打を放ったパク・チャンホ(写真:KIAタイガース)

23日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

チャムシル球場のLGツインズ対KIAタイガースはチャ・ウチャン、ヤン・ヒョンジョン、両エース左腕の対決に。

試合は両チーム無得点で中盤まで進むも、KIAが6回表に一挙5得点。LGの先発チャ・ウチャン投手は6回途中、5失点でマウンドを降りました。

一方のKIAヤン・ヒョンジョン投手は7回を投げて被安打4、LG打線を0点に抑えました。

打者ではKIAの2番パク・チャンホ選手が6打数5安打の大活躍。KIAは18安打を放って7-0で快勝しました。

ヤン・ヒョンジョン投手は5月中旬までは1勝7敗でしたが、ここ7試合では7連勝。8勝7敗としています。

◆「ニューヒーロー、野手のパク・チャンホ」

シーズン前半苦戦したKIAの中で輝きを放っているのが、この日5安打のパク・チャンホ選手。偉大なメジャーリーガーのパク・チャンホ元投手と同姓同名(漢字は異なる)で、身長178cm体重72kg、24歳の右の内野手です。

プロ6年目で軍から復帰の今年は、サードまたはショートとして打率3割1分1厘(リーグ12位)。17盗塁はリーグトップを記録しています。

キム・ハソン選手(キウム)を思わせる狭めのスタンスから、タメを作ってしっかりとミート。高い対応力を見せています。

チームの世代交代を進める先兵として活躍中です。

以下が全5試合の結果です。

◇6月23日(日)の結果

・LG 0- 7 KIA(チャムシル)

 勝:ヤン ヒョンジョン

 敗:チャ ウチャン

・SK 3- 2 トゥサン(インチョン)

 勝:パク チョンフン

 敗:イ ヨンチャン

・KT 4- 2 NC(スウォン)

 勝:キム ミンス

 敗:チャン ヒョンシク

・ハンファ 5- 10 サムスン(テジョン)

 勝:ヘイリー

 敗:ムン ドンウク

・ロッテ 2- 1 キウム(プサン)

 勝:パク シヨン

 敗:ユン ヨンサム

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。