イ・デウン(元千葉ロッテ)、2度目のリリーフ登板で白星 チームは6位に浮上<韓国KBOリーグ>

イ・デウン(写真:kt wiz/初報から差し替え)

16日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズ対KTウィズは1-1で迎えた延長10回表、KTの3番、高卒2年目のカン・ベクホ選手がタイムリーヒットを放ち、勝ち越しに成功。試合は3-1で勝利し、KTは6位に浮上しました。

KTは8回からマウンドに上がったイ・デウン投手(元千葉ロッテ)が3回を投げ被安打1、3つの三振を奪って0点に抑え、2勝目を挙げています。

イ・デウン投手はシーズン当初から先発投手を務めていましたが、右ひじ痛で5月17日に登録を抹消。約1か月間の調整の後、1軍再昇格後はリリーフに転向し、この日は2度目のリリーフ登板。好投を見せました。

また、この日トゥサンベアーズ対LGツインズ(チャムシル)では珍しい記録が。2回裏トゥサンは打者11人で5点を挙げましたが、この回トゥサンはノーヒット。無安打での打者一巡と5得点はKBOリーグ初とのことです。

LG投手陣がこの回に与えた5失点は歴代最多タイとなる1イニング8四死球によるものでした。

◆「高卒2年目には見えない風格」

KT対サムスン戦で決勝打を放ち、イ・デウン投手に勝利をもたらしたKTの高卒2年目カン・ベクホ選手は、現在リーグ4位の打率3割3分6厘、リーグ2位タイの94安打、51得点もリーグで2番目に多く記録しています。

来月20歳の若者ですが伸び伸びとプレーし、ベンチでもベテランの風格です。カン・ベクホ選手に特徴の一つでもある大きなフォロースルーについて尋ねると、「僕のフォロースルー、清宮幸太郎と似てませんか?」と日本人の筆者向けに、高校時代に対戦歴のある同学年の名前を出してくる辺りも、高卒2年目とは思えない落ち着きがあります。

以下が全5試合の結果です。

◇6月16日(日)の結果

・トゥサン 5- 3 LG(チャムシル)

 勝:キム スンフェ

 敗:イム チャンギュ

・キウム 9- 6 ハンファ(コチョク)

 勝:ヤン ヒョン

 敗:キム ボムス

・SK 9- 2 NC(インチョン)

 勝:ムン スンウォン

 敗:イ ジェハク

・サムスン 1- 3 KT(テグ)

 勝:イ デウン

 敗:チェ ジグァン

・ロッテ 10- 5 KIA(プサン)

 勝:チャン シファン

 敗:イ ミンウ

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。