ロッテジャイアンツ、ドラ1高卒新人の好投で7連敗から脱出<韓国KBOリーグ>

2勝目を挙げたソ・ジュンウォン(写真:ロッテジャイアンツ)

15日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始のナイトゲームで行われました。

プサンサジク球場のロッテジャイアンツ対KIAタイガースは7-0でロッテが勝利。最下位のロッテは連敗を7で止め、KIAの連勝は3でストップしました。

ロッテの先発ソ・ジュンウォン投手はサイドスローからの140キロ台の直球に、カーブ、チェンジアップを織り交ぜた緩急を生かした投球で好投。5回2/3を投げ被安打2、無失点でした。

ソ・ジュンウォン投手は高卒1年目ながら、開幕直後から1軍でリリーフを務め、先月下旬に先発に転向。この日が4度目の先発でした。

プロ初勝利となった前々回、6回1/3を1失点に抑えた前回に続き、ソ・ジュンウォン投手は先発として好投を続けています。

◆「プロで頭角を現し始めた昨年のU18メンバーたち」

日本では12日に吉田輝星投手(日本ハム)がプロ初登板初勝利を飾りました。その吉田輝投手と昨年U18代表として戦った韓国のメンバーはひと足先に、一軍で活躍を見せています。

15日に2勝目を挙げたソ・ジュンウォン投手の他、サムスンライオンズのウォン・テイン投手も5月から先発に転向し3勝。野手ではハンファイーグルスのノ・シファン選手がサードのレギュラーとして出場を続けています。

以下が全5試合の結果です。

◇6月15日(土)の結果

・トゥサン 3- 4 LG(チャムシル)

 勝:イ ウチャン

 敗:ユ ヒグァン

・キウム 8- 3 ハンファ(コチョク)

 勝:ヨキッシュ

 敗:チャド・ベル

・SK 4- 0 NC(インチョン)

 勝:ソーサ

 敗:ク チャンモ

・サムスン 7- 10 KT(テグ)

 勝:チュ グォン

 敗:ウ ギュミン

・ロッテ 7- 0 KIA(プサン)

 勝:ソ ジュンウォン

 敗:ターナー

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。