低迷のロッテジャイアンツ、助っ人を小兵から方針転換 右の長距離打者を獲得<韓国KBOリーグ>

ロッテ入りのジェイコブ・ウィルソン内野手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

ロッテジャイアンツは11日、新たな外国人選手としてジェイコブ・ウィルソン内野手(28)の獲得を発表した。年俸は40万ドル(約4,320万円)。

ウィルソン内野手は今季、マイナーリーグ、ナショナルズ傘下のフレズノ・グリズリーズでプレー。54試合に出場し、打率3割1分3厘、15本塁打、48打点を記録している。

ロッテはウィルソン内野手について、「得点圏打率が4割7厘とチャンスに強い姿を見せた」としている。

KBOリーグの外国人枠は3人までで、すべてを投手または野手に充てることは出来ない。現状、どの球団も外国人選手を投手2人、野手1人で構成している。今回ロッテはカルロス・アスアヘ内野手(27)をウエーバー公示申請し、ウィルソン内野手を獲得した。

二塁手のアスアヘは49試合に出場し、打率2割5分2厘、2本塁打、21打点。当初から打撃を期待されてのロッテ入りではなかったものの、低迷するチームにとって得点力アップが急務となり、早い段階での放出となった。

身長175センチのアスアヘ(右)と194センチのイ・デホ(写真:ストライク・ゾーン)
身長175センチのアスアヘ(右)と194センチのイ・デホ(写真:ストライク・ゾーン)

(関連記事:ロッテが堅守のセカンドを助っ人に選んだ背景とは

現在ロッテは借金19で首位と19.5ゲーム差の最下位(10位)。打線では長打力のある左のチェ・テイン内野手が振るわず、現在は右太ももの故障で離脱中だ。ウィルソンにはその穴を埋めるべく本職のサードの他、一塁手としての起用が予定されている。

またロッテは10日にも先日SKワイバーンズを放出となったブロック・ダイクゾーン投手(24)を獲得し、ジェイク・トンプソン投手(25)をウエーバー公示申請したと発表している。トンプソンは11試合に登板し2勝3敗、防御率4.74だった。

(関連記事:SK助っ投入れ替え 韓国を熟知したドミニカ右腕が台湾から復帰

ロッテはもう1人の外国人選手、韓国5年目のブルックス・ラリー投手も13試合で2勝6敗、防御率4.23と、過去3度2けた勝利を記録した実績のある左腕も今年は勝てずにいる。

今週、投打の外国人選手の入れ替えを行ったロッテ。今後も低迷が続くと更なるテコ入れが予想される。