ロッテが堅守のセカンドを助っ人に選んだ背景とは<韓国KBOリーグ>

ロッテジャイアンツ入りが決まったパドレス当時のカルロス・アスアヘ内野手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

ロッテジャイアンツは20日、新外国人選手としてカルロス・アスアヘ内野手(27=前パドレス)と年俸55万1,000ドル(約6,120万円)で契約を結んだと発表しました。

韓国は各球団が外国人枠3人のうち、1枠に野手を充てる中、野手には打力、とりわけ長打力を期待するのが一般的です。しかしアスアヘ選手はメジャーリーグでのこの3年間で175試合出場の実績はあるものの、通算成績は打率2割4分、6本塁打、42打点とバットマンとしては物足りなさを感じます。ではなぜロッテはアスアヘ選手を選んだのでしょう。その背景には特有のチーム事情がありました。

ロッテ打線は4番に、日米を経て2017年に古巣復帰したイ・デホ選手(元オリックス、福岡ソフトバンク)という強力な主砲がいます。今季のイ・デホ選手は全144試合に出場、2年連続となる3割30本100打点を記録しました。

イ・デホ選手の前後には左の長距離砲、チェ・テイン内野手(36)、6年連続打率3割のミン・ビョンホン外野手(31)といった実力者が揃います。さらに1番に今季リーグ最多安打を記録し、長打力も併せ持つチョン・ジュンウ外野手(32)、2番には球界きっての安打製造機で9年連続打率3割をマークしたソン・アソプ外野手(30)が座る、代表チームレベルのラインアップとなっています。

ロッテはこの5人で指名打者、1塁手、外野手の枠が埋まり、長打力がある助っ人を求める必要や入り込む余地もありません。

強力打線の一方で不安なのがディフェンスです。そこでロッテは2017年、センターラインの強化を目的に2塁手のアンディ・バーンズ選手(28)を獲得。バーンズ選手は主に6番以降に座り、1年目は守備だけではなく打撃でもチームに貢献しました。

しかし今季のバーンズ選手は守備面で粗さが目立ち、失策数は昨年の8個からリーグワースト2位の22個と大幅に増加しました。韓国は日本の感覚だとエラーに見えるプレーでも「H」のランプがともるケースが多く、記録に残らないエラーが少なくありません。そんな中でのこの数字は相当な不安定さを表しています。

今季までロッテで指揮を執ったチョ・ウォンウ前監督(47)はバーンズ選手の守備について、「今季は焦りがあるのか捕球する前に体が次の動作に動いている」と話し、雑なプレーが失点に結びつくケースも少なくありませんでした。

ロッテはチームとしても失策数がリーグワーストの117個を数え、守備の強化を目指す中、バーンズ選手に代わる2塁手としてアスアヘ選手が補強ポイントと合致しました。

ロッテ球団はアスアヘ選手について、「メジャーでの1143イニングでわずか5失策という優れた守備力を評価している」とし、「打者としても俊足と高いミート力を持っている」と期待を寄せています。

今季7位でポストシーズン進出を逃し、ヤン・サンムン新監督(57)で上位返り咲きを目指すロッテ。アスアヘ選手にはチームの弱点を補う役割が求められています。