SK助っ投入れ替え 韓国を熟知したドミニカ右腕が台湾から復帰<韓国KBOリーグ>

LG在籍当時のヘンリー・ソーサ(写真:ストライク・ゾーン)

SKワイバーンズは3日、ブロック・ダイクゾーン投手(24)をウエーバー公示申請したとし、代替としてヘンリー・ソーサ投手(33=台湾・富邦)の獲得を発表した。

ダイクゾーンはここまで先発として12試合に登板し3勝2敗、防御率3.56。SKはダイクゾーンをあと1、2試合程度登板させた上で今後を見極める予定だったが、代替の投手を探していることが表面化したため、入れ替えの決断を早めたという。

一方のソーサは2012年から2年間KIAタイガースでプレーし、14年途中からネクセンヒーローズ(現キウムヒーローズ)、15年から4年間はLGツインズに在籍した。

長いリーチからの150キロを超える速球とフォーク、スライダーなどを持ち球とし、韓国での成績は7年間で194試合68勝60敗1セーブ、防御率4.32。2けた勝利を4度マークしている。

昨季限りでLGを退団したソーサは今シーズン台湾CPBLの富邦ガーディアンズでプレー。12試合8勝2敗、防御率1.56の好成績をマークし、SKのスカウトが見守った2日のラミゴモンキーズ戦でも8回2安打無失点で好投したという

SKはソーサの契約内容を契約金35万ドル(約3,780万円)、年俸17万ドル(約1,836万円)と発表している。

SKの帽子をかぶってポーズをとるヘンリー・ソーサ(写真:SKワイバーンズ)
SKの帽子をかぶってポーズをとるヘンリー・ソーサ(写真:SKワイバーンズ)

私生活のソーサは母国ドミニカ共和国で映像監督として活動し、短編作品を公開したこともあるという。韓国でも映像の撮影、編集が趣味であることが知られている。

ソーサは5日に韓国入りする予定。