楽天でコーチ研修中の韓国の元スター選手<2> 「内田は活躍する能力がある」

外野手の中村和希をハグで迎えるイ・ジンヨン研修コーチ(写真:ストライク・ゾーン)

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に3大会続けて出場するなど、韓国を代表する外野手として活躍し、昨季限りで現役を引退したイ・ジンヨン(元KTウィズ、39)。

彼は今、宮城県仙台市にある楽天イーグルスのファームでコーチ研修を行っている。

国際大会での数々の好守から「国民的右翼手」と呼ばれ、20年間で歴代6位の通算2125安打を記録したバットマンが語る研修生活の第2回(全3回)。

前回第1回 ⇒「岸と則本の姿勢に驚いた

イ・ジンヨン研修コーチ(以下、イ研修コーチ)は約2ヶ月が経過した研修生活をこう感じている。

「このチームはベテランが故障したら回復までの時間を十分に待ち、その間に若手にはチャンスを与えている。1、2軍の入れ替えがとても活発だ」

その中で目を引く野手として3人の名前を挙げた。

「1軍に定着している選手のことはわからないが、ファームでは卓丸、燿飛、内田(靖人)は将来の楽天イーグルスを引っ張っていく存在にならなきゃいけない選手だと思う。3人ともまだ若いけど、持っている実力は問題ない」

特に内田に関しては、「主力からファースト、サードのポジションを取るには機会が限られていて、簡単なことではないと思うが、いつか1軍で活躍する能力は十分ある」と話す。

内田は昨季1軍で58試合に出場し12本塁打を記録したプロ6年目の右打者。福島県出身の24歳だ。

イ研修コーチは練習に励む選手たちを見て、「取り組む姿勢は文句の付けようがない。韓国と比べると練習量が多いが、選手たちはそれを不平不満なくやっている」と感じた。

「最近の韓国はその日よりも、翌日のコンディションを重要視するようになって、以前よりも練習量が減っている。少しずつアメリカのスタイルに近づいているようだ」

イ研修コーチは現役時代にサンバンウル、SKで「世界一練習時間が長い」ことで知られる、キム・ソングン監督(現ソフトバンクコーチングアドバイザー)の下でプレーした。そのため、今の韓国の変化をより敏感に感じている。

「練習量が必要に応じて多くなるのは悪くないと思っている。疲れを溜めないことも重要だが、実力を向上させるのに反復練習は欠かすことが出来ない。韓国に戻ったらそのことを伝えたい。日本と韓国では環境と習慣の違いがあるので、どちらが良いという正解はないが、良いところは吸収して、悪いところは変えていけばいいと思う」

(つづく)

第3回 ⇒「10年前に日本でプレーする可能性あった

<イ・ジンヨン(李晋暎) 群山商高から1999年にサンバンウルレイダース(のちに消滅)に入団。SKワイバーンズ、LGツインズ、KTウィズでプレーし、昨年、20年間の現役生活を終えた。通算成績は2160試合、打率3割5厘、169本塁打、979打点。身長185センチ、体重90キロ。1980年6月15日生まれの39歳>