楽天でコーチ研修中の韓国の元スター選手<3> 「10年前に日本でプレーする可能性あった」

外野手にノックをするイ・ジンヨン研修コーチ(写真:ストライク・ゾーン)

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に3大会続けて出場するなど、韓国を代表する外野手として活躍し、昨季限りで現役を引退したイ・ジンヨン(元KTウィズ、39)。

彼は今、宮城県仙台市にある楽天イーグルスのファームでコーチ研修を行っている。

国際大会での数々の好守から「国民的右翼手」と呼ばれ、20年間で歴代6位の通算2125安打を記録したバットマンが語る研修生活の第3回(最終回)。

第2回 ⇒「内田は活躍する能力がある

第1回 ⇒「岸と則本の姿勢に驚いた

イ・ジンヨン研修コーチ(以下、イ研修コーチ)がSKワイバーンズの選手だった2008年秋、FA権を取得した彼に、「日本でプレーしないのか?」と尋ねたことがある。当時の状況と胸中について、10年を経て聞いた。

「当時、エージェントからセ・リーグの2球団から声が掛かっていると言われた。自分が日本に行くと決断さえすれば決まる状況だったが、その時は海外に行くという道を選ばなかった」

現役生活を国内で全うしたイ研修コーチ。10年前に日本行きを断念した理由をこう話した。

「その時はまだ結婚していなかったし、韓国を離れて野球をすることに心配もあった。そして初めて取得したFA権だったので、チームを移るなら最高の待遇で招かれたいとも思っていた」

当時、日本の球団がイ研修コーチに提示した条件は、国内移籍を下回るものだった。もし彼がFA権を取得するのが1年先だったら状況は違っていただろう。

イ研修コーチがLGツインズへのFA移籍を決めた4か月後、韓国代表は09年3月のWBCで準優勝を飾る。同大会で日韓は5度も対戦し、日本球界での韓国選手への認知が高まっていった。その結果として翌10年にはキム・テギュン(現ハンファ)、イ・ボムホ(現KIA)がそれぞれ千葉ロッテ、ソフトバンクへと好条件で移籍することが出来た。

イ研修コーチはこう振り返る。

「当時は考え方が幼かったという後悔もある。一度でも海外でプレーしていたらその後の野球人生にプラスになることもあっただろう」

現役を引退した彼はどんな未来を描いているのか。

「まだよくわからない。日本でコーチ研修を受けているが、今後、単にコーチ生活を送らなければいけないとは思っていない。30年近く野球をやってきて思うのは、韓国のコーチは“先生”だった。しかし自分は選手に教えるのではなく、選手の手助けをする人になりたい」

イ研修コーチは楽天イーグルスのファームの選手たちに、自ら積極的に声を掛けている。会話を通して何か問題があれば、共に解決していこうとするスタンスだ。

「コーチが教えて選手が成功することもあるが、ダメだった時には誰が責任を取るのか。選手を指導するのではなく、助けると思ってたくさんの会話をすれば、選手の気持ちや選手にとって何が必要かわかるだろう」

若手選手と接するイ研修コーチの姿を見て、水野芳樹育成グループマネージャーはこう話す。

「高須(洋介)育成総合コーチと協力しながら、いい雰囲気でチームに溶け込んでいます」

10年遅れで日本球界にやって来たイ・ジンヨン。彼は今、選手を教えるコーチではなく選手を支える人になろうと日々過ごしている。

<イ・ジンヨン(李晋暎) 群山商高から1999年にサンバンウルレイダース(のちに消滅)に入団。SKワイバーンズ、LGツインズ、KTウィズでプレーし、昨年、20年間の現役生活を終えた。通算成績は2160試合、打率3割5厘、169本塁打、979打点。身長185センチ、体重90キロ。1980年6月15日生まれの39歳>