KIAキム・ギテ監督、成績不振を理由に辞任 過去に巨人で2軍コーチなどを歴任<韓国KBOリーグ>

KIAキム・ギテ監督と巨人原辰徳監督(写真:ストライク・ゾーン)

KIAタイガースは16日、キム・ギテ監督(49)が成績不振を理由に辞任すると発表した。

キム・ギテ監督はKIAを率いて今年が5年目。2017年には公式戦1位、韓国シリーズ制覇を果たしている。しかし今季のKIAは13勝29敗1分けで首位と16.5ゲーム差の10位(最下位)。球団によると15日にキム・ギテ監督から辞意の申し出があり、それを受け入れたという。

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

キム・ギテ監督は球団を通してコメントを発表した。

「チームのために責任をとって退くべきだと判断した。ファンのみなさんを喜ばせることが出来ず申し訳ない。これまで愛情をもって応援してくれたみなさんに頭を下げて感謝したい」。

今後は17日のハンファイーグルス戦からパク・フンシク二軍監督が監督代行として指揮を執る。

キム・ギテ監督は現役引退後、阪神、巨人でのコーチ研修を経て、巨人では2軍コーチに就任。イースタン・リーグ混成チームのフューチャーズで監督も歴任した。

(関連記事:巨人・原監督から7分半レッスン受けたKIAの21歳 2安打放ち「満足してる」

帰国後はLGツインズでコーチを務め、12年にLGの監督に就任。LGでも14年の開幕直後の4月に成績低迷により途中辞任したことがある。

KIAに在籍するNPB選手経験者には正田耕三打撃コーチ(元広島など)、アンソニー・レルー育成軍投手コーチ(元ソフトバンク)、ジョー・ウィーランド投手(元DeNA)、イ・ボムホ内野手(元ソフトバンク)がいる。

(関連記事:KIA・正田耕三コーチ留任 韓国6年目のシーズンに

(関連記事:元DeNA・ウィーランド、2度も打球直撃も7回1失点の好投。チームはサヨナラ勝ち