今年は当たり?トゥサンの助っ人が打率トップ 3戦続けて3安打<韓国KBOリーグ>

打撃好調のホセ・フェルナンデス(写真:トゥサンベアーズ)

17日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場ではトゥサンベアーズSKワイバーンズに12-3で大勝。2番のホセ・ミゲル・フェルナンデス選手は3試合連続の3安打。打率4割1分8厘はリーグトップです。

トゥサンは長らく外国人の先発投手が活躍を続け、昨季はジョシュ・リンドブロム投手が防御率1位、セス・フランコフ投手が最多勝を獲得しました。

その一方で外国人の打者に関しては成績が芳しくなく、昨シーズンの場合、ジミー・パラデス選手(元千葉ロッテ)が6月に自由契約となり、途中入団のスコット・バンスライク選手も9月にウエーバー公示となりました。

しかし今季加入したキューバ出身で30歳のフェルナンデス選手はここまで好成績を残しています。ミート力が高く、スイングスピードが速いフェルナンデス選手は主に2番に座り、17日の試合では4打数3安打4得点。7回にダメ押しの3号ソロも放ちました。

トゥサンは主力の左打者、オ・ジェイル、オ・ジェウォン両選手が成績が上がらず登録抹消中ですが、新戦力のフェルナンデス選手は開幕からここまで好調で、決勝打もリーグトップタイの4本と勝利に貢献しています。

以下が全5試合の結果です。

◇4月17日(水)の結果

・トゥサン 12- 3 SK(チャムシル)

 勝:ユン ミョンジュン

 敗:サンチェス

・KT 5- 8 ハンファ(スウォン)

 勝:チャド・ベル

 敗:ペ ジェソン

・サムスン 3- 5 キウム(ポハン)

 勝:キム ドンジュン

 敗:ペク チョンヒョン

・ロッテ 8- 6 KIA(プサン)

 勝:ソン スンラク

 敗:キム ユンドン

・NC 4- 2 LG(チャンウォン)

 勝:シン ジョンラク

 敗:ペ ジェファン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。