サムスンの新助っ投 8回無失点11Kで今季初勝利<韓国KBOリーグ>

4度目の登板で初勝利のジャスティン・ヘイリー(写真:サムスンライオンズ)

12日、韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズKTウィズは5-0でサムスンが勝利。先発のジャスティン・ヘイリー投手が4試合目の登板で初勝利を挙げ、チーム2人の新助っ人投手で初めての白星となりました。

ヘイリー投手は序盤から安定したピッチング。1回表、内野ゴロと2つの空振り三振を奪い三者凡退でイニングを終えると、それ以降、真ん中高めの速球は勢いを増し、KT打線のバットは空を切りました。ヘイリー投手が8回を投げて奪った三振は11個。被安打2、無四球無失点の完璧な内容でした。

試合は投手戦で進み0-0で後半戦に突入。7回裏、サムスンは2死から四球と相手のエラーで一、二塁のチャンスを作ると、8番イ・ハクチュ選手がライトへタイムリーヒット。両チーム初の得点が入りました。

サムスンは7回にさらに1点を追加し、8回にもイ・ハクチュ選手のこの日2本目のタイムリーなどで3点を挙げ、サムスンが5-0で快勝しました。

以下が全5試合の結果です。

◇4月12日(金)の結果

・LG 3- 0 トゥサン(チャムシル)

 勝:チャ ウチャン

 敗:フランコフ

・キウム 5- 3 ハンファ(コチョク)

 勝:ヨキッシュ

 敗:イ テヤン

・SK 4- 4 KIA(インチョン)

 勝:

 敗:

・サムスン 5- 0 KT(テグ)

 勝:ヘイリー

 敗:クム ミンチョル

・NC 2- 1 ロッテ(チャンウォン)

 勝:ペ ジェファン

 敗:チン ミョンホ

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。