バッテリーの活躍でLGは連敗を3でストップ。勝率を5割に<韓国KBOリーグ>

ケイシー・ケリー(写真:LGツインズ)

11日、韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャムシル球場のLGツインズサムスンライオンズはLGが5-2で勝利。LGは連敗を3で止めて、勝率を5割にしました。

LGの先発ケイシー・ケリー投手は8回110球を投げ4安打2失点。サムスン打線から内野ゴロを誘い、安定感のある投球で今季3勝目を挙げました。

ケリー投手をリードしたユ・ガンナム捕手はこの日、バットでも活躍を見せ、3回に先制ソロをレフトに運ぶと、1点を追う5回には同点タイムリーを放ちました。7回には2-2同点の場面でライトへ二塁打を放ち、この日3安打。この一打は続くオ・ジファン選手の勝ち越しの三塁打へとつながりました。

連敗を止めたLGは明日から、昨季1勝15敗と苦手にしたトゥサンベアーズとの3連戦に挑みます。

以下が全5試合の結果です。

◇4月11日(木)の結果

・LG 5- 2 サムスン(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:ペク チョンヒョン

・キウム 1- 8 KT(コチョク)

 勝:アルカンタラ

 敗:キム ドンジュン

・ハンファ 0- 1 SK(テジョン)

 勝:サンチェス

 敗:チャド・ベル

・KIA 2- 4 NC(クァンジュ)

 勝:チェ ソンヨン

 敗:ヤン ヒョンジョン

・ロッテ 1- 5 トゥサン(プサン)

 勝:イ ヨンチャン

 敗:キム ウォンジュン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。