打者二巡!1イニング16得点の新記録 ハンファがロッテ戦の3回に達成<韓国KBOリーグ>

ジャレド・ホイング(写真:ハンファイーグルス)

7日、韓国KBOリーグはクァンジュでのKIAタイガースキウムヒーローズが雨で中止。4試合が14時開始のデーゲームで行われました。

プサンサジク球場のロッテジャイアンツハンファイーグルスでは歴代新記録が生まれています。

ハンファは0-1で迎えた3回表、打者20人が13安打で16得点を挙げました。

3回表、ハンファは7番からの攻撃で無死満塁のチャンスを作ると、1番チョン・グンウ選手がセンターへのヒットで二者が生還。2-1と逆転に成功します。

続く2番チョン・ウンウォン選手がセンターへ3ランホームランを放って5-1に。

その後、ヒットと四球で一、二塁とすると5番キム・テギュン選手がセンター前ヒットで1点を追加し6点目。

1死後、打者一巡し7番チ・ソンジュン選手の右中間への二塁打で7点目が入りました。

さらに内野安打で1点を追加した後、2死となって前の打席で2ランを放った2番チョン・ウンウォン選手がレフト前に2点タイムリーを放って10点目とします。

3番ソン・グァンミン選手の二塁打で11点目が入ると、4番ホイング選手がライトへ3ランを放って14点目が入り、1イニングの歴代記録13得点を更新しました。

勢いは止まらず5、6番が連続ヒットで出塁すると、この回3度目の打席が回ってきた7番チ・ソンジュン選手がセンターに二塁打を放ち二者が生還。16点目となりました。

試合はその後、両チーム得点なく16-1。6回降雨コールドでゲームセット。ハンファが勝利しました。

日本プロ野球・NPBの1イニング最多得点は2009年に千葉ロッテが記録した15得点です。

以下が4試合の結果です。

◇4月7日(日)の結果

・トゥサン 3- 5 NC(チャムシル)

 勝:キム ヨンギュ

 敗:ユ ヒグァン

・SK 3- 2 サムスン(インチョン)

 勝:キム テフン

 敗:チェ チュンヨン

・KT 4- 3 LG(スウォン)

 勝:ソン ドンヒョン

 敗:ペ ジェジュン

・KIA 中 止 キウム(クァンジュ)

 勝:

 敗:

・ロッテ 1- 16 ハンファ(プサン)

 勝:チャン ミンジェ

 敗:チャン シファン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。