今年から二塁手のキム・サンス 決勝打でサムスンの連敗を4で止める<韓国KBOリーグ>

勝ち越しタイムリーのキム・サンス(写真:サムスンライオンズ)

3日、韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークで行われたサムスンライオンズKIAタイガースの対戦はサムスンが6-3で勝利。連敗を4で止めました。

この試合を決めたのは1番のキム・サンス選手でした。2-2の同点で迎えた5回裏、2死二、三塁の場面。KIAの先発、高卒ドラフト1位左腕のキム・ギフン投手がカウント2-2から投じた外よりのチェンジアップを、キム・サンス選手は引っ張って打球はレフト線へ。二者が還ってサムスンは勝ち越しに成功しました。

キム・サンス選手はプロ入り以来、遊撃手として活躍し、代表入りもしてきました。しかし今年は米マイナーリーグ帰りでショートを守るイ・ハクチュ選手がドラフトを経て韓国球界入り。1990年生まれの同い年の2人がポジション争いをすることになりました。

イ・ハクチュ(手前)とキム・サンス(写真:サムスンライオンズ)
イ・ハクチュ(手前)とキム・サンス(写真:サムスンライオンズ)

キャンプを経てキム・サンス選手がプロ10年間守ったショートからセカンドにコンバート。2019年の開幕を迎えました。

新ポジションに移ったキム・サンス選手ですが、これまでと変わらず笑顔爽やかに元気にプレーし、今季はここまで打率3割2分3厘の高打率を残しています。

以下が全5試合の結果です。

◇4月3日(水)の結果

・トゥサン 5- 1 KT(チャムシル)

 勝:イ ヨンハ

 敗:キム ミン

・SK 1- 3 ロッテ(インチョン)

 勝:ユン ギルヒョン

 敗:ハ ジェフン

・ハンファ 0- 7 LG(テジョン)

 勝:チャ ウチャン

 敗:パク チュホン

・サムスン 6- 3 KIA(テグ)

 勝:チェ ジグァン

 敗:キム ギフン

・NC 9- 1 キウム(チャンウォン)

 勝:パク チンウ

 敗:アン ウジン

⇒ 2019年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。