でんぱ組.incから最上もが脱退。所属事務所・ディアステージ株式会社に聞く今後

でんぱ組.inc。後列右から2番目が最上もが。

でんぱ組.incから最上もが脱退

 2017年8月6日、でんぱ組.incから最上もがが脱退することが本人のTwitterで発表された。

 最上もがと運営からのコメントは以下の通り。

所属事務所・ディアステージ株式会社に聞く最上もがの今後

 この発表は「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」(2017年8月4日~6日)の最終日の終了直後だったこともあり、でんぱ組.incの所属事務所であるディアステージ株式会社の関係者に、最上もがの今後について直接確認することができた。

 最上もがは、でんぱ組.incから脱退後もディアステージ株式会社に所属し、ソロとして活動するとのこと。事務所としては、女優業で具体的な出演オファーも来ており、力を入れて前向きに動きたい、とのことだった。

でんぱ組.incのライヴのない約半年の日々

 でんぱ組.incは、「でんぱ組.inc 幕神アリーナツアー2017」を2017年1月6日、8日、9日に幕張メッセイベントホール、1月14日、15日に神戸ワールド記念ホールで行い、さらに1月20日には日本武道館で追加公演を行った。それ以来、現在に至るまで「でんぱ組.inc」としてはライヴ活動をしていない。

 1月20日の日本武道館での追加公演において、古川未鈴が涙をこらえながら「この先少しの間ライヴの予定がないんですけれど」と言った瞬間に会場に走った動揺は忘れがたい。

まるでバンドのような「脱退」

 私は今回の第一報を目にしたとき、でんぱ組.incから最上もがが脱退することに、「まるでバンドからメンバーが方向性の違いで脱退するかのようだ」と感じた。それは、アイドルグループによくある脱退や卒業よりも複雑なニュアンスだ。

 最上もがは、7月4日のツイートで以下のように不仲説を明確に否定していた。

 また、7月16日に開催された夢眠ねむの生誕祭「夢眠ねむ生誕祭イベント~自作自演のHappyBirthday~」には、個別とはいえ、でんぱ組.incのメンバー全員が出演していた。

 こうした一連の流れを見てきた上で、最上もがの脱退発表を目にした瞬間に感じたのは、単純な「不仲」という次元ではない、もっと深いところで方向性の相違があったのだろう、ということだった。

 そこには、おそらくメンバー同士にしかわからない絆も、葛藤もあったはずだ。まるでバンドのように。

それぞれの「夢で終わらんよ」

 1月20日の日本武道館公演では、本編の最後で「WWDBEST」(2016年)が歌われたことを思い出す。そのとき、歌詞を歌い終わった後もずっと「夢で終わらんよっ」というフレーズがスクリーンに出続けていた。この「夢で終わらんよ」というフレーズは、もともとは「Future Diver」(2011年)の歌詞であり、日本武道館公演のアンコールの最後で歌われたのが「Future Diver」だったことも思い出す。

 結果的に、でんぱ組.incと最上もがは別々の夢を追うことになった。しかし、「夢で終わらんよ」と歌ってきた彼女たちは、今後それぞれに夢を追っていく姿を見せてくれるはずだ。それに期待したい。

(2017年8月7日午前10時51分追記)

でんぱ組.incのメンバーと、立ち上げプロデューサーの「もふくちゃん」こと福嶋麻衣子のコメントが出揃ったので以下に時系列で追記する。