マジョルカの本拠地ビジット・マジョルカが、沸いた。

リーガエスパニョーラ第15節、マジョルカ対ヘタフェの一戦。67分にジョルディ・ムブラとの交代で久保建英がピッチに立つと、ホームのサポーターから温かい声援が送られた。

今季、リーガ第6節のレアル・マドリー戦で負傷した久保は、しばらく戦列から離れていた。およそ2ヶ月ぶりに公式戦のピッチに戻ってきた久保に対して、マジョルキン(マジョルカの人々)の期待は高まっていた。

レアル・マドリー戦で負傷した久保
レアル・マドリー戦で負傷した久保写真:なかしまだいすけ/アフロ

マジョルカとヘタフェが今季残留争いに身を投じるのは明白だ。だが直近8試合で5分け3敗と調子の上がらないマジョルカに対して、序盤戦で指揮官を交代したヘタフェはキケ・サンチェス・フローレス監督が就任してからチームを立て直している。

■久保のポジション

久保は【4−2−3−1】の2列目の右に入った。

ヘタフェのシステムは【3−5−2】だった。マウロ・アランバッリ、ネマニャ・マクシモビッチ、カルレス・アレニャの3CMFで、この試合に臨んでいた。

サイドに入った久保は、相手の左WBであるオリベラとのマッチアップになった。ヘタフェが3バックだったため、左のセンターハーフと左WBの間のスペース(マジョルカの右のハーフスペース)は空いていた。

ここに久保は度々顔を出していた。だが久しぶりの実戦ということもあり周囲との連携が良くなかった。CBのフランコ・ルッソや右SBのパブロ・マフェオからハーフスペースに位置取る久保への縦パスが入らなかった。

久保とイ・ガンインの関係性にも改善の余地があると感じた。この夏にマジョルカに加入したイ・ガンインは「オレが、オレが」と自分を前面に押し出すプレーをするタイプだ。つまり久保としては、イ・ガンインがファーストアクションをしたところで、セカンドアクションを起こしてボールに絡むというのが理想の形になる。一方で、久保がしばらく戦列を離れている間にある程度イ・ガンインに合わせるチームが出来上がってしまっていて、それが久保にはまだフィットしていないように見えた。

そして、できれば右MFの久保とトップ下のイ・ガンインが自由にポジションを入れ替えながらプレーした方が良いだろう。相手のマークを分散させ、なおかつスペースが生まれるからだ。

■イ・ガンインとの共存