この夏、キリアン・エムバぺのレアル・マドリー移籍は実現するだろうか?

今後の10年を見据え、ビッグクラブがこぞって関心を寄せているのが、エムバぺとアーリング・ハーランド(ボルシア・ドルトムント)である。リオネル・メッシ(バルセロナ)とクリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)が長く牽引してきたフットボール界の次代を担う存在が現れ、人々はそれを歓迎している。

エムバペとパリ・サンジェルマンの契約は2022年夏までだ。すでにパリSGから契約延長の話がされているが、エムバぺは首を縦に振っていない。エムバぺには、ネイマールの年俸3600万ユーロ(約46億円)に匹敵する額のオファーが届いているようだ。

ゴールを喜ぶエンバペ
ゴールを喜ぶエンバペ写真:ロイター/アフロ

■2パターンの想定

マドリーは”With Mbappé ”と”Without Mbappé”の2パターンでチームを作っていかなければならない。