なぜネイマールは”嫌われ者”になるのか...バルサで「裏切り者」扱いされた男のパリでの野望

ネイマールとムバッペ(写真:ロイター/アフロ)

話題を振り撒く人物である。

ネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍したのは、2017年夏のことだった。契約解除金2億2200万ユーロ(約286億円)が支払われ、バルセロナからパリSGに移籍。世紀の移籍が実現した瞬間だった。

パリSGでプレーするネイマール
パリSGでプレーするネイマール写真:ロイター/アフロ

だが、その後もネイマールとバルセロナの”関係”は続いた。移籍市場が開く度に、ネイマールのバルセロナ復帰の可能性が取りざたされる。

復帰に最も近づいたのは2019年夏だ。エリック・アビダル当時スポーツディレクターが「マーケットが閉まる10日前に(パリSGのスポーツディレクターである)レオナルドと接触した。その前に(アントワーヌ・)グリーズマンを獲得していなければ、ネイマールを再獲得できていた。100%だ」と振り返っている。

「会長はグリーズマンの獲得を決めていた。ネイマールの問題は、クラブと裁判で揉めていたことだ。それをストップさせなければいけなかった。簡単ではなかったよ。ただ、その一件は私の担当ではなかった。争いが起きた時、私はクラブにいなかったのだからね。私の見解では、ネイマールを再獲得できたと思う。だが、そうはならなかった」

リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの3トップはスペインと欧州を席巻した。2014シーズンから2017シーズンにかけて、バルセロナの「MSN」は圧倒的な攻撃力を見せつけていた。

■ブラジル時代のビッグクラブからのオファー

ネイマールに最初にビッグオファーが届いたのは2010年夏だった。当時サントスに所属していたネイマールに、チェルシーが触手を伸ばす。この時、ネイマールはブラジル残留を望み、サントスがチェルシーのオファーを断った。ただ、状況は少しずつ変化していった。

2010年にネイマールは60試合42得点を記録して、爆発のシーズンを迎えた。だがある試合でPKキッカーを外されたことでドリバル・ジュニオール監督との関係が悪くなり、最終的にはサントスが指揮官を解任するという事態に発展した。

クラブにとって、ネイマールの扱いは難しいものになっていった。それでも、2011年にはリベルタドーレス杯とコパ・ド・ブラジルで優勝を達成し、”王様”ペレが在籍していた1963年以来の2冠をサントスにもたらした。

バルセロナのMSN
バルセロナのMSN写真:なかしまだいすけ/アフロ

ネイマールがバルセロナを離れたのは、メッシの2番手に甘んじていたくなかったからだといわれている。

当然、彼の視線の先にはバロンドールがあった。だが過去3年の受賞者を見れば、メッシ(2019年)、ルカ・モドリッチ(2018年)、クリスティアーノ・ロナウド(2017年)とネイマールの野望が叶っていないのは明らかである。

また、メッシと別れたネイマールだが、パリSGにはキリアン・ムバッペがいた。1億8000万ユーロ(約234億円)という高額な移籍金で、ネイマールと同時期に加入したムバッペは、2018年のロシア・ワールドカップで優勝に貢献するなど、ネイマール以上の成績を残してきた。この2人の関係性は悪くないが、ネイマールが完全なエースになるという計画は水泡に帰している。

■契約延長と再会の望み

イギリスのジャーナリストであるトーマス・スワン氏は「嫌われているフットボーラー」のランキングを作成して、その1位にネイマールを選んでいる。

ネイマールは先日、パリSGと2025年までの契約延長で合意した。その際、スペイン『スポルト』には「ネイマール、永遠にさようなら」という記事が掲載された。カタルーニャのメディアやバルセロナのファンには、ネイマールに”裏切り者”や”金の亡者”というイメージが付き纏っている。

一方で、ネイマールの実力に疑いの余地はない。「技術に関しては、ネイマールを上回る選手はいない。私はメッシのファンだが、彼でさえネイマール以上ではない」と語るのは元ブラジル代表DFのカフーである。「ブラジルのフットボールに歴史を刻む存在だ。ネイマールはその責任を受け入れるべき。ただ、彼はリーダーではない。その役割は他の選手が担う必要がある」

「ネイマールはブラジルにタイトルをもたらしてくれる選手だ。次のワールドカップを含めてね。彼を好きであろうと、嫌いであろうと、ピッチ上では相手の8選手の注意を引き付けてくれる。前線で起点になり、スペースを生み出して、スーパーゴールを決める」

サンバを踊るようなドリブルで、相手を翻弄する。エレガントなタッチで、対峙する選手の逆を突く。そのリズムは独特だ。メッシとも、ムバッペとも、特徴が異なる。

好きであろうと、なかろうとーー。ネイマールのプレーから目が離せないのは、確かだ。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    本物か?ボクシング転向の那須川天心の実力とは木村悠6/15(火) 7:05
  2. 2
    韓国が困る イランの”ドタバタ予選突破” 最終予選で「日韓同組」の可能性も吉崎エイジーニョ6/16(水) 13:46
  3. 3
    大谷翔平はこれからますます勝負を避けられる!? トラウトに続いてレンドーンもいなくなれば…宇根夏樹6/16(水) 17:00
  4. 4
    明らかに投手の負担が増すMLBの新ガイドラインは故障者続出のリスクも菊地慶剛6/16(水) 15:41
  5. 5
    再結集したサンウルブズファンの声。ラグビー日本代表戦で、チームもファンも存在感多羅正崇6/16(水) 12:33
  6. 6
    東京五輪の野球韓国代表が決定 呉昇桓、秋信守は選出されず室井昌也6/16(水) 11:35
  7. 7
    日本一はどこか、ドラフト候補の活躍は――第46回社会人野球日本選手権大会の組み合わせが決まる横尾弘一6/16(水) 0:44
  8. 8
    ホークス三軍戦で東浜巨、武田翔太の豪華リレー! 牧原大成は復帰戦でいきなり本塁打田尻耕太郎6/16(水) 16:10
  9. 9
    オールスター・ゲームのファン投票・中間発表。大谷翔平はDHトップだが、意外(?)にも全選手の9位宇根夏樹6/15(火) 5:23
  10. 10
    佐野慈紀氏が侍ジャパンに“リリーフ”藤浪晋太郎を推す理由とは?菊地慶剛6/15(火) 17:54