バルサの黄金時代を支えた男。引退を決めたマスチェラーノのグアルディオラ時代の貢献度。

バルサ時代のマスチェラーノとグアルディオラ監督(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

バルセロナでセンターバックを務めるのは、困難だ。

長くバルセロナを後方から支えてきたのはジェラール・ピケだ。バルセロナのカンテラ出身であるピケは、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍を経て、2008年夏に復帰を決断。以降、バルセロナに欠かせない選手になった。

近年、クレメント・ラングレ、サミュエル・ウンティティがピケの相棒を務めてきた。だがバルセロニスタ(バルセロナファン)の心に強く残っているのは、やはりピケとカルレス・プジョールだろう。

そのプジョールに、一目置かれた選手がいる。彼は、リオネル・メッシにも認められていた。

先日、現役引退を表明したハビエル・マスチェラーノである。

■プジョールの解放感

「彼の到着は、僕のストレス軽減につながった。バルセロナはセンターバックに問題を抱えていた。マスチェはセンターバックが本職ではなかったけど、高いパフォーマンスを見せていた。それは何か僕に解放感を与えるものだった」とはプジョールの言葉だ。

ヘフェシート(ボス)の愛称で親しまれたマスチェラーノは、2010年夏にリヴァプールからバルセロナに移籍した。リーベル・プレート、コリンチャンス、ウェスト・ハム、リヴァプール、アルゼンチン代表でプレーしたマスチェラーノは世界有数のボランチとしてバルセロナに加入した。

だがバルセロナにはセルヒオ・ブスケッツがいた。「あのポジションで世界一の選手だと思う」と後にマスチェラーノが認めるほど、ブスケッツはアンカーのポジションで際立ったプレーを見せていた。ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、絶対的な存在として中盤に君臨していた。

■プライスレスな選手

「センターバックでプレーをしていなかったら、僕のバルサでの日々は長く続かなかったと思う」

マスチェラーノ自身が語る通り、彼はポジションを下げた。

思えば、それは偽センターバックの「はしり」だった。いまでこそ、フェルナンジーニョ、ロドリ・エルナンデスといったボランチの選手が最終ラインに入り、ビルドアップ能力の高さを生かしてチームに合アドバンテージを与えるというのは珍しくない。しかし、マスチェラーノの場合、それはコンバートとみなされた。

「彼の加入は素晴らしい出来事だった。値段がつけられない選手だ」

これはグアルディオラ監督の言葉だ。実際には、バルセロナはマスチェラーノ獲得の際に移籍金2400万ユーロ(約32億円)を支払っている。だがマスチェラーノが在籍した期間に18個のタイトルを獲得したという事実に顧みれば、費用対効果は計り知れなかった。

バルセロナでは、334試合に出場して1得点8アシストを記録した。唯一のゴールは2016-17シーズン、リーガエスパニョーラ第34節のオサスナ戦(7-1)で生まれた。4点差でリードしていた試合の後半にデニス・スアレスがPKを獲得すると、バルセロナの本拠地カンプ・ノウから「マスチェラーノ・コール」が起こった。そして、マスチェラーノはそれに応えるようにPKスポットに向かい、ボールを豪快にゴールに蹴り込んだ。

得点がなくても、派手なプレーがなくても、マスチェラーノは愛されていた。ファンに、選手に、監督に。そのような選手の引退に、寂しさを募らせるのは、当然かもしれない。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ