レアル・マドリーでジダンが抱える「カゼミーロ不在」の問題。クルトゥワに頼る現状と下がる「守備の重心」

ボールを奪うカゼミーロ(写真:ロイター/アフロ)

レアル・マドリーに早くも土がついた。

マドリーはリーガエスパニョーラ第6節で本拠地アルフレッド・ディ・ステファノにカディスを迎え、0-1で敗れた。マドリーがホームで敗戦するのは2019年5月以来だ。

■マドリーの問題点

「言い訳はない。我々はフィジカル面で苦労した。プレーリズム、モチベーション、そういった点でカディスが上回っていた」とは敗戦後のジダン監督の言葉である。

だがカディスが大きなモチベーションによりマドリーに勝利したわけではない。戦術面でマドリーに優っていた。もっと言えば、マドリーが自滅した格好だった。ジダン監督は今季、「カゼミーロ不在時」の対策を考えている。カディス戦でもカゼミーロをスタメンから外し、中盤にはイスコ、トニ・クロース、ルカ・モドリッチを配置した。

実質【4-2-3-1】の形で、ビルドアップは円滑になるかに思えた。だがモドリッチのボールロスト数(12回/出場時間45分)が物語るように、クロースとモドリッチは使うスペースをめぐりノッキングを起こしていた。ダブルボランチにした効果は少なかった。

筆者作成
筆者作成

昨季、マドリーがリーガで優勝した要因は、その守備力にあった。

カゼミーロ、セルヒオ・ラモス、ラファエル・ヴァランを中心にセンターラインを固める。そして、GKティボ・クルトゥワが抜群の安定感でチームを最後尾から支えた。昨季、サモラ賞(最優秀GK賞)を受賞したクルトゥワのセーブ率は79%だった。

ロックダウン明けの試合では、今季の試合を含めると、クルトゥワは14試合でクリーンシートを達成している。だがマドリーはクルトゥワに頼る場面が増えてきている。守備の重心が下がっているのだ。

カゼミーロが欠場した試合では、これが顕著になる。中盤にフィルター役を果たす選手がいなくなり、チーム全体がズルズルと後退する。「最後はクルトゥワが止めてくれる」と言えば聞こえはいいが、実態は守護神依存の守備体型になってしまっている。

■ゴールの負担を分散

一方、攻撃面では2018年夏のクリスティアーノ・ロナウド退団以降、ゴールの負担を分散させる考え方で戦ってきた。昨季、チーム内得点王に輝いたのはカリム・ベンゼマ(21得点)で、次点はS・ラモス(11得点)だった。

ベンゼマとS・ラモスを除けば、2桁得点をマークした選手はいない。しかし、昨季のマドリーは21選手が得点を記録した。リーガで無得点に終わったのはブラヒム・ディアスとエデル・ミリトンだけだ。

マドリーは現地時間21日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節でシャフタール・ドネツクと対戦した後、24日にバルセロナとのクラシコが控えている。

バルセロナがヘタフェに敗れたとはいえ、マドリーに改善する必要があるというのは変わらない。ビッグマッチの前の敗戦がプラスに働くかどうかーー。それは神のみぞ知るところだ。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    メイウェザーが「俺を超える」と太鼓判を押す23戦全勝22KOのWBAライト級正規王者林壮一10/24(土) 0:01
  2. 2
    家族ぐるみの付き合いだった「くまちゃん」 LINEからにじみ出る岩隈久志の人柄と引退試合の是非上原浩治10/24(土) 10:53
  3. 3
    【落合博満の視点vol.16】戦力外通告する選手とタイミングを間違えるな横尾弘一10/23(金) 0:30
  4. 4
    バルサとレアル・マドリーの運命を決する「クラシコ」に?メッシの爆発とジダンの解任の可能性。森田泰史10/24(土) 11:21
  5. 5
    周東佑京の「8試合連続盗塁」と福本豊の「11試合連続盗塁」の間には、福岡ソフトバンクの「球団記録」も宇根夏樹10/24(土) 17:40
  6. 6
    米メディアも戦々恐々? 大量人員削減の可能性もあるMLBが迎える深刻そうなオフシーズン菊地慶剛10/24(土) 9:00
  7. 7
    「井上尚弥に勝つチャンスはある」挑戦者マロニーの練習相手が番狂わせの可能性を示唆三浦勝夫10/23(金) 11:42
  8. 8
    大阪桐蔭豪華5投手リレー! センバツ懸け好投手・達の天理と対決!森本栄浩10/24(土) 22:09
  9. 9
    昨年まで5年連続でドラフト指名選手輩出の花咲徳栄。選手の夢を実現させる取り組みに迫る上原伸一10/23(金) 18:15
  10. 10
    【新体操/男子新体操】明日から全日本インカレが無観客で開催! 初のライブ中継にも注目!椎名桂子10/24(土) 11:20