レアル・マドリーのジダンとペレスの「思惑」とは?カンテラーノの価値と逃した中盤の選手。

ジダン監督とベンゼマ(写真:ロイター/アフロ)

この夏、レアル・マドリーの補強はゼロだった。

マルティン・ウーデゴール、アンドリュー・ルニン、アルバロ・オドリオソラのレンタルバックを決めたマドリーだが、新戦力の到着はなかった。

フロレンティーノ・ペレス会長は選手の放出と売却に専心していた。とりわけ、近年ジネディーヌ・ジダン監督の「頭痛の種」となっていたガレス・ベイルとハメス・ロドリゲスを移籍させたのは大きい。ベイルに関してはレンタルでトッテナムに、ハメスについてはエヴァートンが買い手となり、移籍金2500万ユーロ(約30億円)で取引が成立した。

筆者作成
筆者作成

かくして、ペレス会長の「売却オペレーション」が推し進められていった。

ただ、失ったものがないかと言えば、そうではない。アクラフ・ハキミ(ボルシア・ドルトムント/移籍金4000万ユーロ)、セルヒオ・レギロン(トッテナム/移籍金3000万ユーロ)、オスカル・ロドリゲス(セビージャ/移籍金1350万ユーロ)といったカンテラーノをペレス会長は売ることになった。

移籍最終日にはボルハ・マジョラルがローマに移籍。完全移籍ではなく2年のレンタル契約となったが、ボルハ自身が「ジダンからは残ってほしいと言われていた。だからクラブは当初(ルカ・)ヨヴィッチの移籍先を探していた」と語ったように、最終的にはヨヴィッチを売れずにカンテラーノを放出せざるを得なかったのだ。

また、アクラフをインテルに売却した後、ダニ・カルバハルが負傷で長期離脱を強いられることになった。右サイドバックにアクラフがいれば、と考えるマドリディスタは少なくないだろう。現時点、カルバハルの代役がオドリオソラ、ナチョ・フェルナンデス、ルーカス・バスケスといった選手では心許ない。

筆者作成
筆者作成

それでもコロナ・ショックを受ける状況下で1億2350万ユーロ(約148億円)の収入を選手売却・レンタル料によって得たのは評価されるべきだろう。

ただ、中盤の補強が敢行されなかったのは懸念材料である。昨年夏から関心を寄せていた選手のひとりがドニー・ファン・デ・ベークだったが、「僕はレアル・マドリーと合意していた。アヤックスも彼らと合意に至っていたと思う。だけど何かの理由で移籍が実現しなかった」と本人が明かした通り、彼を射止めたのはマンチェスター・ユナイテッドであった。

ジダン監督が中盤を重視する指揮官であるのは間違いない。チャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げたチームでは、カゼミーロ、トニ・クロース、ルカ・モドリッチが盤石な中盤を形成した。メンバー固定が指摘される一方で、安定性がもたらされていたのも確かだった。

2019-20シーズンには、フェデリコ・バルベルデが台頭した。カゼミーロ、クロース、モドリッチ、イスコ、バルベルデが同時起用される【4-5-1】の採用を含め、ミドルゾーンを圧縮するジダンのスタイルには磨きがかかっている印象があった。

筆者作成
筆者作成

マドリーは昨年夏にマルコス・ジョレンテ(移籍金4000万ユーロ/アトレティコ・マドリー)、マテオ・コバチッチ(移籍金4500万ユーロ/チェルシー)の売却を決断した。加えてダニ・セバージョスをアーセナルにレンタルで貸し出した。

この夏には、ハメスとオスカルを放出している。一方でウーデゴールのレンタルバックが決まったのみ。噂になっていたエドゥアルド・カマヴィンガ(レンヌ)の獲得は見送られた。

バルベルデの台頭があったとはいえ、カゼミーロ、クロース、モドリッチに頼る現状は変わっていない。守備を重視するジダン監督が、次に着手するのは中盤の梃入れだ。しかし、その時にそれほど多くの駒が用意されていない気がするのである。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    すでに“日本一”決定という名目は形骸化?! リーグ格差を解消するための日本シリーズ改革案菊地慶剛11/26(木) 11:34
  2. 2
    前半に得点できていれば本当に勝てたのか? 森保監督の采配と実際に起きていた現象【メキシコ戦分析】中山淳11/27(金) 11:30
  3. 3
    早稲田大学OBの慶應義塾大学・三井大祐バックスヘッドコーチが見た早慶戦。【ラグビー旬な一問一答】向風見也11/27(金) 6:00
  4. 4
    「マラドーナと一緒にプレーをした最後の日本人」が語る“神の子”とマッサージ室での知られざる秘話金明昱11/27(金) 11:15
  5. 5
    元 阪神・高野圭佑がツイッターのアカウント名を「12/7 トライアウト受ける高野圭佑」にしたわけとは土井麻由実11/27(金) 11:30
  6. 6
    マイク・タイソンvsロイ・ジョーンズはなぜ今週末に激突?試合形式はどうなる?三浦勝夫11/26(木) 16:57
  7. 7
    田澤問題はまだ終わっていない! 今も残り続ける日米間に横たわる選手処遇不均衡菊地慶剛11/27(金) 11:54
  8. 8
    男子バレー深津旭弘、通算230試合出場へ。「彼はスタメンセッターにふさわしい選手」と言わしめる理由田中夕子11/27(金) 17:17
  9. 9
    日本テニスを憂える伊達公子さん ゼネラルプロデューサーの思い、そして50歳の心境(独占インタビュー)神仁司11/27(金) 7:00
  10. 10
    ここ10年の日本シリーズで最もよく打った選手。今年の栗原陵矢と5年前の李大浩はシリーズ打率5割宇根夏樹11/27(金) 14:51