バルセロナが狙う19歳の新たな至宝。セルジーニョ・デストを知っているか。

ヘタフェ戦のセルジーニョ(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

アヤックスは、過去、数多のタレントを輩出してきた。

とりわけ、昨季は「豊作」だった。フレンキー・デ・ヨング、マタイス・デ・リフトを筆頭に、ドニー・ファン・デ・ベーク、ハキム・ツィエク、ダビド・ネレスが中心となりチャンピオンズリーグでベスト4に進出。躍進のシーズンを終え、デ・ヨングはバルセロナに、デ・リフトはユヴェントスに移籍した。

アヤックスの基盤を築いたのはリヌス・ミケルス、ヨハン・クライフである。彼らが作り上げたベースの上に、こんにちの育成があると言えるだろう。

■新たな至宝

そのアヤックスに、新たな至宝が現れた。セルジーニョ・デスト。19歳の右サイドバックだ。

セルジーニョは、今季トップデビューを飾ったばかりだ。7月に行われたオランダのスーパーカップのPSV戦で、初めてトップチームの選手として公式戦のピッチに立った。

2012年にアヤックスのカンテラに入団したセルジーニョは、ミハエル・ライツィハー、ヨン・ヘイティンガという往年の名プレーヤーに憧れを抱きながら成長していく。そして2018年、念願だったアヤックスとの最初のプロ契約を結んだ。

若い選手がトップに食い込もうとする時、そこには少しの「運」が必要だ。セルジーニョの場合、今季右サイドバックのレギュラーであるノゼア・マズラウィが負傷離脱を繰り返し、その中でスタメンに名を連ねる試合が増えていった。

「セルジーニョは守備が上手い。だが攻撃においても違いをつくれる選手だ」とは、エリック・テン・ハーグ監督の言葉である。クライフが提唱したトータルフットボールを体現するように、セルジーニョは右サイドバックで躍動している。スピードと1対1の強さが彼の武器だが、それだけに留まらない。ビルドアップ能力の高さを備え、最終ラインからの球出しに関与する。右サイドバックでありながら攻撃をオーガナイズできる、ダニ・アウベスを彷彿させるような選手なのだ。

■アメリカ代表という選択

オランダ生まれのセルジーニョだが、彼にはもうひとつのルーツがある。父親がアメリカ人で、母親がオランダ人。アメリカ代表とオランダ代表という2つのナショナルチームが、彼の動向を注視していた。

U-17、U-20ではアメリカ代表のユニフォームを着た。昨年末、「アメリカ代表のポテンシャルを強く信じている」と語り、アメリカ代表でのプレーを決意。クリスティアン・プリシッチ、タイラー・アダムス、ティモシー・ウェアらと共にアメリカの未来を担う存在になるはずだ。

ただ、セルジーニョを追っているのはナショナルチームだけではない。バルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、複数クラブが彼に強い関心を示している。

セルジーニョは以前、『Bleacher Report』のインタビューで「バルセロナでプレーするのは僕の夢だ」と語っていた。バルセロナにはネルソン・セメドとセルジ・ロベルトの他に、ニースからレンタルバックしてくるムサ・ワゲ、2021年夏までベティスにレンタル移籍予定のエメルソンがいる。

バルセロナはすでにセメドを放出する意思を固めているようで、ミラレム・ピャニッチ、ラウタロ・マルティネスの獲得オペレーションに含める案を検討しているという。セメドの代役にセルジーニョを、というのがバルセロナの考えだ。セルジーニョは2022年夏までアヤックスとの契約を残しており、移籍金は2000万ユーロ(約22億円)前後になるとされている。クライフに始まりデ・ヨングまで続いたアヤックスの系譜が引き継がれるかもしれない。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    オリックス打線をグレードアップさせ始めたMLB通算“0本塁打”のA・ロッド菊地慶剛7/12(日) 14:49
  2. 2
    [高校野球]あの夏の記憶/歴史的ドンデン試合・2006年夏、智弁和歌山vs帝京 その2楊順行7/12(日) 0:01
  3. 3
    広島東洋の「1イニング11安打」よりも多かったのは…宇根夏樹7/11(土) 18:01
  4. 4
    昇格1年目で上位を見据えるFC十文字VENTUS。補強、環境面の向上も追い風に松原渓7/12(日) 8:00
  5. 5
    チャプマンより深刻かもしれないロイヤルズ・ギャラガーの新型コロナ感染ケース菊地慶剛7/12(日) 11:40
  6. 6
    両チームの一塁手が一つのミットを交互に使った理由◆兄弟が同じイニングに本塁打…【7月12日のMLB】宇根夏樹7/12(日) 6:30
  7. 7
    主力が打って復権目指す右腕が抑える スターの揃い踏みで釜山ロッテが勝利<韓国KBOリーグ>室井昌也7/12(日) 1:09
  8. 8
    【男子新体操】Withコロナ時代の新しいスポーツイベントの形がここにある!~「ONE」本日開演!椎名桂子7/12(日) 8:11
  9. 9
    新体制で2冠に挑む日体大FIELDS横浜。わずかな準備期間でなでしこリーグ2部開幕ダッシュを目指す松原渓7/11(土) 10:00
  10. 10
    命日に:未だに語られる「2階級制覇人気チャンプ他殺説」林壮一7/11(土) 0:01