久保建英とヴィニシウス。「突破者」というサイドアタッカーへの要求に応じて。

レアル・マドリー戦の久保(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

2020-21シーズンの、レアル・マドリーの陣容が気になる方は少なくないだろう。

来季、ジネディーヌ・ジダン監督が構想に含められる人数は実に37名に上る。だがトップチームの枠は25名だ。12名が「余剰戦力」となってしまう。

とりわけ、関心を集めているのが現在レンタル放出されている選手たちの去就だ。アクラフ・ハキミ(ボルシア・ドルトムント)、マルティン・ウーデゴール(レアル・ソシエダ)を筆頭に、今季評価を高めた選手が数多くいる。

そして、その一人が久保建英だ。

画像制作:Yahoo!ニュース
画像制作:Yahoo!ニュース

久保はマジョルカで主に右ウィングとして起用されている。

久保には、サイドアタッカーとして、「突破」が要求されてきた。一方、マドリーでその役割を求められてきたのがヴィニシウス・ジュニオールだ。

■久保とヴィニシウス/共通点と相違点

久保は今季のリーガで、24試合出場(出場時間1431分)3得点2アシスト。シュート数19本、ドリブル数34回、パス本数370本、パス成功本数255本、パス成功率68%、ボールロスト数291回、デュエル数252回、タックル数26回、ボール奪取数73回という数字を残している。

ヴィニシウスは19試合出場(出場時間901分)2得点1アシストを記録。シュート数24本、ドリブル数37回、パス本数327本、パス成功本数262本、パス成功率80%、ボールロスト数167回、デュエル数149回、タックル数12回、ボール奪取数37回という数字だ。

マジョルカというスモールチーム、レアル・マドリーというビッグチームでプレーするのは、大きく異なる。リーガエスパニョーラにおいては、マドリーとバルセロナの「2強」が突出するという状況が長く続いてきた。その2チームと当たる時、対戦相手は自ずと守備の時間が長くなる。

だがマジョルカのように1部昇格を果たしたばかりのチームに対しては、対戦相手は積極的に攻撃に出てくる。それはデータにも表れている。デュエル数、タックル数、ボール奪取数では、出場時間を考慮したとしても久保がヴィニシウスを上回っている。

久保とヴィニシウス、彼らに共通点があるとすれば、今季序盤ポジションが定まらなかったことだろう。久保はマドリーのプレシーズンでインサイドハーフとしてプレーした。マジョルカ移籍後、右WG、左WG、2シャドーの一角、FW、トップ下といろいろなポジションで起用された。マジョルカのビセンテ・モレノ監督は、突如として3バックを試すなど、まさに試行錯誤をしながらチーム作りを進めていた。

ヴィニシウスはプレシーズンで右WGで試された。昨夏、移籍金1億ユーロ(約115億円)で加入したエデン・アザールが左WGのファーストチョイスになったためだ。ただ、右WGではロドリゴ・ゴエスとのポジション争いを強いられた。フリーランニングが上手く、連携力の高いロドリゴをジダン監督は重宝。最終的には、アザールの負傷があり、再びヴィニシウスが左WGで起用されるようになった。

だが先述したように、チームが変われば、役割も変化する。久保の場合、彼自身が認めている通り、適性はトップ下だ。【4-3-3】を基本システムとするチームが多いリーガでは、インサイドハーフが適したポジションになる。ただ、それでも、今季の久保の活躍を、突破が求められるサイドハーフという観点から現時点で解き明かしておくことには、一定の意味があるように思う。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    ヒクソン・グレイシーvs.船木誠勝、20年目の真実。両者の証言から考察する世紀の一戦の勝敗の分かれ目近藤隆夫5/26(火) 9:38
  2. 2
    40代で「1試合3本塁打」は4人。次に記録しそうなのは…宇根夏樹5/26(火) 11:28
  3. 3
    無敗で牝馬二冠。デアリングタクト偉業達成の裏で陣営が切ったカードとは……平松さとし5/26(火) 6:30
  4. 4
    FW籾木結花が米・OLレインに完全移籍。なでしこの技巧派が受け取った女子サッカー大国からのオファー松原渓5/26(火) 8:30
  5. 5
    侍・稲葉監督も注視した新エース左腕が3勝目 0点台防御率をキープ<韓国KBOリーグ>室井昌也5/26(火) 22:14
  6. 6
    ダルビッシュ有が発したYouTube上の「僕は立ち上がりが悪くない」発言をデータ調査してみたら…菊地慶剛5/26(火) 16:14
  7. 7
    金メダルを期待されて…小川直也インタビュー「地獄の銀メダル」28年目の真実近藤隆夫4/11(土) 8:15
  8. 8
    リーガ、再開に向けた動きが本格化。フットボールの「新たな日常」へ。森田泰史5/26(火) 7:00
  9. 9
    伊達公子に錦織圭――歴代テニス選手が足を運んだ、マンハッタン島の中の温かく優しい『日本』内田暁5/26(火) 23:11
  10. 10
    大会開催か中止か未発表のまま、高校女子硬式野球部の現在中川路里香5/25(月) 16:04