バルベルデを解任したバルサ。期待される原点回帰と「クライフイズム」への郷愁。

解任されたバルベルデ前監督(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

バルセロナが、エルネスト・バルベルデ監督を解任した。後任には、キケ・セティエン新監督が選ばれている。

バルセロナは先に行われたスペイン・スーパーカップで、アトレティコ・マドリーに敗れた。今季からフォーマットが変わり、中立地の4チームによるトーナメント戦で優勝者を決める形となったスペイン・スーパー杯で、決勝に進めず。これがバルセロナのフロントの行動を促した。

アトレティコ戦の敗戦だけがバルベルデ監督を解任する理由ではないだろう。過去2シーズンのチャンピオンズリーグの敗退が大きな要因となっている。バルセロナは2017-18シーズンには準々決勝でローマに、2018-19シーズンには準決勝でリヴァプールに敗れている。いずれもファーストレグで勝利した後、セカンドレグで逆転負けを喫した。

■シャビにアプローチ

まず白羽の矢が立ったのは、現在アル・サッドを率いるシャビ・エルナンデス監督だった。シャビ監督は2020年6月までアル・サッドとの契約を残している。彼は「バルサの監督は僕の夢だ。しかし、いまはアル・サッドでの日々に集中している」と語っており、現に国内カップ戦の決勝を1月17日に控えている。

だがバルセロナのオスカル・グラウCEOとスポーツディレクターを務めるエリック・アビダルは、1月10日にシャビ監督と接触したようだ。シャビ監督を迎えるにあたり、2つのオプションが考えられた。ひとつは、即座に監督就任して2年半契約を結ぶプラン。もうひとつは、今季終了時に「バルサのシャビ監督」を誕生させる方向で動き、現時点で彼の就任を公式発表するというものだ。

また、「第三案」として浮上したのが、今季終了時まで暫定監督を据える手法だ。昨季、レアル・マドリーが、サンティアゴ・ソラーリを据えたように、である。その案についてはBチームを率いているガルシア・ピミエンタ監督の昇任が濃厚だとされていた。

■ポゼッションと原点

また、有力候補に挙げられているのがオランダ代表のロナルド・クーマン監督だ。クーマン監督の契約には、EURO2020終了時、バルセロナの監督に就任するのならフリーで契約可能という条項が載せられているといわれている。マウリシオ・ポチェッティーノ、ティエリ・アンリ、ガビ・ミリート、マルセロ・ガジャルド...。メディアでは、名将の名前が踊った。

最終的に、バルセロナが選んだのはキケ・セティエン監督だ。昨季までベティスを率いた指揮官で、「クライフイズム」の信奉者でもある。攻撃フットボールを貫く指揮官と2022年夏までの契約を結んだ。

バルセロナが最後にシーズン途中に監督を解任したのは2003年1月である。ジョアン・ガスパルト当時会長が、ルイ・ファン・ハールを解任。後任にはラドミル・アンティッチが就いた。

前例のない事態ーー。リオネル・メッシをはじめ、主力選手たちはバルベルデ前監督を信頼していた。フロントはバルベルデ前監督への疑念を強めていた。バルトメウ会長の任期は2021年夏までで、会長としてはそれまでに何とか結果が欲しい。

そして、監督交代の狙いはポゼッションを主軸とした攻撃フットボールへの原点回帰に他ならない。そのノスタルジーが、クラブ全体を揺るがすほどの状況を招いている。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    大接戦に終わったJRA初の無観客G1は、武豊が思わぬ形でキーになっていた?! 平松さとし3/30(月) 6:30
  2. 2
    サッカー五輪年齢制限の渦中 マリティモ・前田大然が緊急インタビューで明かした本音 元川悦子3/30(月) 9:00
  3. 3
    楽天が活動休止を発表! 今こそNPBがイニシアチブをとるべき時ではないのか? 菊地慶剛3/30(月) 12:25
  4. 4
    二塁打の球団記録。本塁打も二塁打も球団最多は、読売の王とあと1人… 宇根夏樹3/30(月) 7:00
  5. 5
    五輪延期で男子サッカーに起きた年齢資格の問題。97年生まれの選手はA代表を目指して欲しい。 河治良幸3/30(月) 11:25
  6. 6
    今シーズンのF1選手権、全レース開催見送りか? 国沢光宏3/29(日) 22:14
  7. 7
    追加費用は納税者も負担? 縮小オリンピック・パラリンピックは恥ではない。五輪史研究者に聞きました 谷口輝世子3/30(月) 6:30
  8. 8
    「入れ替え戦中止」に物申す! バレーボール・Vリーグの決定に北の大地から異議を唱えた男・池田憲士郎氏 上野直彦3/30(月) 11:05
  9. 9
    F1、MotoGPなどプロレーサー達が「eスポーツ」参戦!コロナを避け、自宅グランプリが話題に。 辻野ヒロシ3/30(月) 17:32
  10. 10
    今週末が日本での最後の騎乗になるかもしれない外国人騎手の亡き親友との後日談 平松さとし3/25(水) 6:30