モドリッチが開幕戦で退場。アキレス腱を守る、リーガのルール修正。

セルタ戦で退場したモドリッチ(写真:ロイター/アフロ)

ルカ・モドリッチがデニス・スアレスにタックルを仕掛ける。主審の笛が鳴り、モドリッチにレッドカードが提示された。

リーガエスパニョーラ開幕節、セルタ対レアル・マドリーの一戦におけるワンシーンだ。後半12分にモドリッチが退場したマドリーは10人になり、数的不利の戦いを強いられながら3-1で勝利した。

また、別日に行われたアトレティコ・マドリー対ヘタフェでは、ヘタフェのホルヘ・モリーナが似たような状況で一発退場を命じられている。その後アトレティコ側にも退場者が出て10対10となり、試合はアトレティコが1-0で勝ち点3を得ている。

モドリッチにせよ、モリーナにせよ、退場の判定に驚きを隠せなかった。これまでのシーズンであれば、イエローカードで済んだかもしれない。だが今季のリーガでは、あるルールに修正が加えられている。

■VARの導入

昨季からリーガにVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入された。その結果、ゴール前、とりわけペナルティーエリア内での反則が厳しくジャッジされるようになった。だが一方で、ミドルゾーンで犯されたファールに対して、ビデオ判定が使われることは皆無に等しかった。

しかし、先述したモドリッチのファールの場面では、VARを用いての協議の時間が確保された。その結果、レッドカードに値するタックルだったと、ハビエル・エストラダ・フェルナンデス主審が判断した。

後方からのタックルが、選手に大きなケガをさせる可能性があったかどうか。それを、プレーエリアに関係なく、VARを使いながら、厳しくジャッジしていく。そういった決断だ。これまでのルールが、より厳格になったのだ。

それは後方からのタックルを防ぐためである。アキレス腱、脛骨、ふくらはぎを痛めるようなタックルを許さないようにする。それは選手生命にかかわりかねないからだ。

■修正の効果

ピッチで戦うプレーヤーとしては、故意ではないという主張がある。「偶発的なプレーで退場になった。同業者である選手に対して、意図的にああいうタックルをしたことは、人生で一度もない。まったくもって、故意ではなかった!」とは、モドリッチの弁だ。

これまでの観る側の感覚では、意図的であったかは重要な指標だった。無論、相手選手を傷つけようとする選手はいない。だが戦術的ファールを含め、ファールせざるを得ない状況で後方からタックルを仕掛ける場面はある。

ただ、今回のルール修正で、意図的であったかどうかは、問題ではない。対象になるのは「アキレス腱への接触がある」後方からのタックルだ。意図的であっても、そうでなくても、そういったプレーにはレッドカードが提示されることになる。

リーガエスパニョーラが開幕した週に行われた5大リーグの試合で、負傷した選手の数は615人に上る。だが、アキレス腱を痛めた選手はいなかった。

ルール修正の効果があったと考えるのは、まだ早計だ。このテーマについては、今後も議論がなされるだろう。しかし、第一にこの修正が選手を守るためだと知らなければいけない。そして、理解を深めるために尽力する必要がある。