5月28日・29日。岡山県倉敷市・倉敷市芸文館において、第80期名人戦七番勝負第5局▲渡辺明名人(38歳)-△斎藤慎太郎八段(29歳)戦がおこなわれました。

 28日9時に始まった対局は29日20時20分に終局。結果は97手で渡辺名人の勝ちとなりました。

 渡辺名人は七番勝負を4勝1敗で制し、名人位を防衛。3連覇を達成しました。

 渡辺名人はあと2期で永世名人の資格を得ます。

 渡辺名人の通算タイトル獲得数は31となりました。

 前年度は藤井聡太現竜王(五冠)に圧倒された渡辺名人。しかし藤井竜王以外の歳下の棋士には、依然タイトル戦番勝負で敗退したことはありません。棋王、名人と続けて防衛を果たし、将棋界八大タイトルのうちの二冠を堅持しました。

 斎藤八段は2年連続で七番勝負敗退となりました。

 第81期A級順位戦は6月に開幕します。

渡辺名人、快勝で七番勝負を制す

 第5局は渡辺名人先手で、戦型は角換わり。互いに早繰り銀に出ました。

 2日目昼あたりまでは形勢ほぼ互角。そこから少しずつポイントを稼いだのは渡辺名人でした。攻防ともに正確な判断で、着実にリードを広げていきます。

 渡辺名人優勢の終盤。斎藤八段は渡辺玉に迫ったものの、中段に逃げ出されてつかまらない形に。渡辺名人は勝勢を築いたあと、慎重に時間を使って着実にゴールへと歩んでいきました。

 残り4分まで考えた斎藤八段。龍を引いて王手をかけます。取れば頓死。渡辺名人はすぐ、さらに玉を上部へと逃げ出しました。

 攻防ともに見込みのなくなった斎藤八段。自玉に飛車で王手をかけられたのを見て、投了を告げました。