9月13日。現代将棋史上最年少の藤井聡太三冠(王位・叡王・棋聖)が誕生しました。

 三冠を達成した棋士はわずか10人しかいません。

 10代での達成は、藤井三冠だけです。

 10代三冠は空前にして、おそらくは絶後と思われる大記録です。しかしこの規格外の大天才にとっては、それすらも通過点だと思われます。

 将棋ウォッチャーの次なる興味関心は、史上最年少四冠かもしれません。

 過去に四冠を達成した棋士は順に大山康晴15世名人、中原誠16世名人、米長邦雄永世棋聖、谷川浩司現九段(17世名人)、羽生善治現九段(19世名人他)の5人だけです。

 その中でも羽生九段が1993年、22歳9か月で棋王、王座、竜王、棋聖をあわせ持ったのが史上最年少記録です。三冠になってから6か月後のことでした。

 藤井三冠は10月に開幕する竜王戦七番勝負への挑戦が決まっています。

 藤井三冠は竜王戦七番勝負を制すれば、史上最年少19歳での四冠達成となります。

 ちなみに過去の四冠経験者5人は、いずれも対局時にメガネをかけていました。もし藤井四冠が誕生すれば、これも史上初でノーメガネの四冠となります。

 藤井三冠の席次は現在、渡辺明名人(棋王・王将)、豊島将之竜王に次いで3位です。

 もし竜王奪取となれば竜王を含む四冠保持で、渡辺名人(名人を含む三冠保持)を抜いて席次1位になります。それもまた史上最年少記録です。

 また藤井三冠は現在のところ、王将戦、棋王戦まで含め、年度内には最大六冠まで達成する可能性が残されています。