7月28日。東京・将棋会館において第34期竜王戦、本戦準決勝▲永瀬拓矢王座(28歳)-△梶浦宏孝七段(26歳)戦が始まりました。棋譜は公式ページをご覧ください。

 10時に始まった対局は永瀬王座先手で角換わりに。永瀬王座は早繰り銀から筋違い角を打ち、戦機をとらえます。中盤で桂を成り捨て、さらには角を切る大技から一時は大きく優位に立ったように見えました。

 しかし梶浦七段も手段を尽くして勝負に持ち込みます。終盤はずっと勝敗不明。梶浦七段が五分以上の形勢に持ち込んだ場面もあったようです。

 最終盤、一手の余裕を得た永瀬王座は、3枚の桂を次々と梶浦陣の急所に打ち込みます。そして一気に梶浦玉を受けなしに追い込みました。

 終局は22時17分。結果は123手で永瀬王座が熱戦を制し、大きな勝利を収めました。

 昨年に引き続き、今年も快進撃を続けてきた梶浦七段。2年連続で1組優勝者の厚い壁に阻まれた格好で、2年連続準決勝敗退となりました。

 永瀬王座は堂々の挑決三番勝負進出。8月6日におこなわれる準決勝・藤井聡太二冠(2組優勝)-八代弥七段(2組2位)戦の勝者と対戦します。

 もう一方の山からは、おそらくは藤井二冠が勝ち上がってくると予想している方が多いでしょう。

 しかし八代七段も絶好調。本日おこなわれた王将戦二次予選で木村一基九段に勝ち、公式戦11連勝と乗りに乗っています。

 藤井二冠、八代七段、どちらが挑決に勝ち上がってきても、永瀬王座との三番勝負は将棋史に残るような興味深いカードとなりそうです。