充実の豊島竜王が引き離すか? 復位目指す羽生九段が追いつくか? 10月22日・23日、竜王戦第2局

(記事中の画像作成:筆者)

 10月22日・23日。愛知県名古屋市、亀岳林・万松寺において第33期竜王戦七番勝負第2局▲豊島将之竜王(30歳)-△羽生善治九段(50歳)戦がおこなわれます。

 第1局は竜王戦七番勝負史上最短の52手で豊島竜王の勝ちとなりました。

 豊島竜王の今年度成績は19勝10敗2持将棋。

画像

 豊島竜王はここまで7連勝と、充実いちじるしい成績を残しています。

 20日には叡王就位式が開催され、中継映像を通して、多くのファンにその晴れ姿を披露しました。

 羽生九段は今年度11勝9敗。

画像

 羽生九段は直近、王将戦リーグで佐藤天彦九段に勝利を収めています。

 羽生九段、豊島竜王はともに現在までのところ、王将戦リーグ無敗。こちらでも挑戦権をめぐって争うことになります。

 両者の対戦は今から10年前の2010年、羽生名人-豊島五段という肩書の時から始まりました。以来34戦。対戦成績は羽生17勝、豊島17勝と、まったくの五分です。

画像

 羽生九段のタイトル通算99期のうち、2期は防衛戦で豊島挑戦者を退けてのもの。

 一方、豊島竜王のタイトル通算5期のうち、最初の1期は羽生棋聖に挑戦して奪取したものです。

 22日は朝9時からの対局開始となります。先手番は豊島竜王です。