二冠VS実力者! 6月2日、棋聖戦本戦準決勝で永瀬拓矢叡王・王座(27)と山崎隆之八段(39)が対戦

(記事中の画像作成:筆者)

 6月2日。東京・将棋会館において第91期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント(本戦)準決勝、永瀬拓矢二冠(27歳)-山崎隆之八段(39歳)戦がおこなわれます。

 勝者は挑戦者決定戦に進出。同日おこなわれる佐藤天彦九段-藤井聡太七段戦の勝者と対戦します。

西の山崎八段、久々のタイトル戦出場なるか

 若手時代、渡辺明棋聖(36歳)と山崎八段はよく「東の渡辺、西の山崎」と並び称されていました。両者によるタイトル戦実現を待ち望むファンも多いことでしょう。

 渡辺棋聖は現在、棋王と王将をあわせ持つ三冠。タイトル獲得数は通算25期です。

 一方の山崎八段は第1期叡王戦優勝(タイトル昇格前)、NHK杯優勝2回など、多くの実績を誇るものの、八大タイトル獲得経験はこれまでありません。

 山崎八段がこれまでに出場したタイトル戦は2009年度王座戦五番勝負の1回。そこでは羽生善治王座の手厚い牙城を崩すことができずに敗れています。もし今期棋聖戦で挑戦権を獲得すれば、11年ぶりのタイトル戦出場となります。

 山崎八段は2013年竜王戦本戦で勝って、勝数規定により八段に昇段しています。その時の対戦相手が永瀬拓矢六段(当時)でした。

充実著しい永瀬二冠

 永瀬二冠(叡王・王座)は現代将棋界のトップクラス。常に高勝率をあげ、各棋戦で上位に進出しています。防衛戦となる叡王戦七番勝負もこれから始まります。

 棋聖戦では2016年、五番勝負に進出。羽生善治棋聖(当時)に挑戦し、2勝3敗1千日手で惜敗しています。

 この時、本戦1回戦で対戦したのが山崎隆之八段でした。

画像

 昨年2019年度から永瀬、山崎の両者は頻繁に当たるようになります。まずは王座戦本戦1回戦。初タイトルを獲得したばかりの永瀬叡王が勝っています。

画像

 永瀬叡王は王座戦でも挑戦権を得て、斎藤慎太郎王座(当時)を降しタイトルを獲得。叡王とあわせて二冠となっています。

 今年2020年1月は朝日杯本戦2回戦で対戦。

 結果は永瀬二冠の勝ちでした。その朝日杯。決勝まで進んだ永瀬二冠を降して優勝を果たしたのは、森信雄七段門下で山崎八段の弟弟子にあたる千田翔太七段でした。

 直近では今年2月のB級1組12回戦の永瀬-山崎戦も、永瀬二冠の勝ちでした。

 両者のこれまでの対戦成績は山崎八段が初手合で1勝を挙げた後、永瀬二冠が4連勝していることになります。

画像

 また両者はこの後、竜王戦1組出場者決定戦において、4位を目指して対戦します。

画像