藤井聡太七段(17)棋聖戦で初の決勝T進出なるか? 二次予選決勝で澤田真吾六段(28)と対戦

(記事中の画像作成:筆者)

 1月28日。大阪・関西将棋会館において第91期ヒューリック杯棋聖戦二次予選6組決勝、藤井聡太七段(17歳)-澤田真吾六段(28歳)戦がおこなわれます。対局の模様はAbemaTVで放映されます。

 藤井七段と澤田六段は過去に3回対戦し、すべて藤井七段が勝っています。

 藤井七段は今期棋聖戦では、一次予選を3連勝で突破。

 二次予選は阿部隆八段、北浜健介八段を破って、決勝まで進出しました。

 各棋戦で上位に進出している藤井七段ですが、棋聖戦ではまだ決勝トーナメントに進んだことはありません。

 もし本局に勝つと初の決勝トーナメント進出で、ベスト16に残ることになります。

 今期棋聖戦ではここまで5連勝して、さらに渡辺明棋聖への挑戦権を獲得するにはもう5連勝が必要と、道のりは決して短くはありません。しかし藤井七段の実力をもってすれば、そこまで勝ち進んでも、何ら不思議ではないでしょう。

 藤井七段は自身の記録を気にするタイプではありません。一方で多くのファンや関係者は、藤井七段に史上最年少でのタイトル挑戦の期待をかけてきました。そのラストチャンスは、今期棋聖戦となります。

画像

 藤井七段は現在勝率ランキングで1位。その記録にも注目です。