~工場編(11)

受刑92/384日目

新たに先輩検事が登場

 この日も、東京高検の和田澄男検事による取調べがあった。総連事件の証人出廷に向けたものだ。

 ただ、前日と違い、この日は東京高検の畝本毅検事も同席していた。中肉で190cmくらいはありそうな高身長、メガネ姿に七三分けで真面目顔、高級スーツをパリッと着こなし、ダンディな人物だ。

 畝本検事は司法修習41期で僕の7期上の先輩だが、大阪地検特捜部時代に仕事をともにし、気心の知れた間柄だった。もともとは東京系の畝本検事が2003年4月に初めて大阪地検特捜部に異動となり、5月に主任として取りまとめた強制捜査が最初の縁だ。

 中規模な事務機器販売会社を舞台にした約3200万円の業務上横領だったが、会社の口座から資金を引き出して着服するというシンプル事件であり、捜査の難易度は低かった。

 そのため、捜査班といってもメンバーは畝本検事と僕、お互いの立会事務官の4人ほどで、裏付け捜査を畝本検事が、逮捕した元業務部長の取調べを僕が担当した。

 このとき、畝本検事から東京地検特捜部における捜査のやり方など、様々な体験談を聞くことができた。その一つが、供述調書へのサインを渋る被疑者の説得方法だった。