~確定編(6)

受刑20/384日目(続)

8ヶ月で20キロ減

 新入調査を終えると、私物の入った衣装ケースを両手で抱え、刑務官の指示で同じ建物内にある医務部に移動した。

 大阪拘置所では、取調べや接見、面会、診察などのために移動する際、いつも2~3名の刑務官に取り囲まれ、物々しく廊下を進んでいた。これに対し、静岡刑務所では、有罪判決の確定によって罪証隠滅のおそれがなくなったこともあり、1名の刑務官が同行するだけだった。

 ただ、刑務官は受刑者に背後をとられて攻撃されないようにするため、常に受刑者の斜め後ろに位置し、「まっすぐ」「右」「左」「階段を登って」「そこで止まれ」などと言って進むべき方向を指示していた。

 診察室の前の廊下には、電話ボックスサイズに区切られている細長い個室がいくつか並んでおり、ここで少し待つようにと言われた。中に入って椅子代わりの板に座ると、顔から胸にかけての部分だけが隠れる扉を閉められ、鍵をかけられた。

 新入調査室や面会室の横にも設置されており、順番待ちをする受刑者同士が顔を合わせて話をすることができないようにしたものだ。扉を開けると人が飛び出すということで、獄中用語で「びっくり箱」と呼ばれている。

 しばらくして順番が回ってきたので、診察室に入り、医師による診察を受けたが、おざなりで、かなり適当なもののように感じた。