Zoom社の特許について(2)

(写真:ロイター/アフロ)

前回に引き続き、米国のZoom Video Communications社の保有特許を解説します。

今回は、US10419511号"Unique watermark generation and detection during a conference"(会議中におけるユニークなすかしの生成と検出)です。

登録日は昨年(2019年)の9月17日、出願日は2016年10月4日です。米国以外では権利化されていないと思われます。分割出願がUSPTOに審査係属中です。

本発明は、ビデオ会議中に、画面共有機能により画像、文書、動画などのコンテンツを共有している場合に、不正コピーを防ぐための透かし(ウォーターマーク)を表示するというものです。この機能はZoomのアプリで既に提供済です。

不正コピーを防ぐための透かし表示はストックフォト販売サービス等で普通に行なわれており技術常識とも思われますが、うまくビデオ会議とからめることで進歩性をクリアーしています(私見ですが日本国特許庁の厳しめの審査官だと進歩性を認めてくれないかもしれません)。

この記事は有料です。
栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバー2020年5月サンプル記事

栗原潔

価格

880(記事2本)

2020年5月号の有料記事一覧

すべて見る

日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。