Zoom社の特許について(1)

(写真:中尾由里子/アフロ)

新型コロナによるテレワーク需要急増に伴い、ビデオ会議ソリューションの提供企業に注目が集まっています。その最たる例が米国のZoom Video Communications社です。同社の時価総額が世界7大航空会社の合計よりも大きくなったというニュースもありました。

同社の特許資産について見てみましょう。現時点で、米国で成立している同社を権利者とする特許権は以下の6件です(日本国内で権利化されているものはなさそうです)。2011年創業の米国テクノロジー企業としては少なめでしょうか。

10,609,390 Adaptive screen encoding control

10,523,900 Method and apparatus for capturing a group photograph during a video conferencing session

10,419,511 Unique watermark generation and detection during a conference

10,348,454 Error resilience for interactive real-time multimedia application

9,813,193 Error resilience for interactive real-time multimedia applications

9,344,218 Error resilience for interactive real-time multimedia applications

数も少ないのでひとおり中身を解説していきましょう。まずは、わかりやすそうな10,523,900号(Method and apparatus for capturing a group photograph during a video conferencing session)(ビデオ会議セッション中にグループ写真を撮る方法と装置)”です。

登録日は昨年(2019年)の12月31日、出願日は2019年3月20日です(出願公開前に特許登録されたことになります)。審査経過を見るとOA(拒絶理由通知)なしで一発登録になっています。これは当初の権利範囲が狭すぎたことを示唆していますが、分割出願が係属中なので今後より広い範囲、および、別局面から権利化される可能性はあります。

本発明は、タイトルが示すようにビデオ会議中に参加者の「集合写真」を撮るための方法に関するものです。Zoomを使用している時に、記録および記念として参加者全員の写真を撮りたいケースはよくあるでしょう。最も単純なやり方としてはギャラリービューの画面キャプチャーを取得すればよいのですが、当然ながらそれを特許化できたわけではありません。もう少し付加機能が付いたアイデアを特許化しています。

この記事は有料です。
栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバー2020年5月サンプル記事

栗原潔

価格

880(記事2本)

2020年5月号の有料記事一覧

すべて見る

日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。