AIを発明者とする特許出願はどんなレベルのものなのか

EP18275163公開公報

「AIを発明者とする特許出願、欧州特許庁が認めず」というニュースがありました。「DABUS」(Device for the Autonomous Bootstrapping of Unified Sentience)というAIシステムを発明者として出願されていた特許出願が、欧州特許庁により「発明者は自然人でなければならない」という理由により拒絶になったということです。

仮にAIを発明者とした特許の登録を許してしまうとどうやって権利譲渡やライセンスの意思を確認するのかといった問題が生じますので、少なくとも現時点の法律の枠の中では、発明者は自然人に限るというのは当然と言えましょう。

そもそも、本当にAIシステムがすばらしい発明を行ない、それを特許化したいと考えるのであれば、人間がAIの支援によって発明したということにしてその人間を出願人とすればよいだけの話です。今回の話はどちらかというと宣伝目的で注目を集めるために、わざとAIが発明したという点をそのシステムを開発した企業がアピールしているだけのように思えます。

法律的な議論はさておき、ここで気になるのはAIが発明者としてどのようなレベルの発明ができるのかという点、言わば発明者としての実力です。

音楽等であれば、高度なAIを使うまでもなく、マルコフ連鎖等の確率的なアルゴリズムを使うだけでもそこそこ観賞できる作品(人間が適当に作ったのと同レベルの作品)を創作できてしまうのですが、発明という複雑な精神活動を本当に現在のAIが行なえるのでしょうか?単なる文書解析処理によって、一見それらしい明細書を作ったという話に過ぎないのではないでしょうか?

この記事は有料です。
栗原潔のIT特許分析レポートの定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

商品名

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事

栗原潔

価格

月額880円(初月無料)

週1回程度

日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。