紙の書き心地を提供するApple Pencilの振動フィードバック特許が登録へ

出典:米国特許公開公報20190384402

「将来のApple Pencil、振動でより紙っぽい書き心地が実現できるかも?」というニュースがありました。振動フィードバック(ハプティクス)によりApple Pencilに紙に近い書き心地を提供するというアイデアです。

ゲーム・コントローラーやタッチパネルでの応用で明らかですが、振動によるフィードバックを提供することで、操作のリアリティが増し、優れたエクスペリエンスを提供することができます。たとえば、ユーザーがガラス画面上のボタンをクリックしたときに軽く画面を振動させれば、あたかも物理的なボタンを押したかのような感触を提供することができます。これは、スタイラスについても同様で適切な振動フィードバックによって、紙への引っかかりのような反応をシミュレートすることで、つるつるのガラスではなく、あたかも紙に書いているかのようなエクスペリエンスを提供できるでしょう。

実は、単純にスタイラスに振動アクチュエーターを内蔵するというだけのアイデアであれば、アップルも2014年に出願しています。この出願は新規性・進歩性の欠如により拒絶になっています。すなわち、振動アクチュエーターを内蔵したスタイラスというアイデアはとっくの昔に公知技術になっており、これだけで特許化することはできません。今回は何が違うのか見ていきましょう。

この記事は有料です。
栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

栗原潔のIT特許分析レポートのバックナンバー2019年12月サンプル記事

栗原潔

価格

880(記事4本)

2019年12月号の有料記事一覧

すべて見る

日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。