日本の「STAP特許出願」終了のお知らせ

出典:特許情報プラットフォーム

「"STAP特許出願"まだ粘るようです」という過去記事で、小保方氏やバカンティ教授等を発明者とし、ブリガムアンドウィミンズ病院(ハーバード大)を出願人とするいわゆる「STAP特許出願」(特願2015-509109)拒絶査定後に、拒絶査定不服審判が請求されたと書きました。

しかし、実は、この拒絶査定不服審判は7月10日付けで取下げられていました(タイトル画像参照)。過去記事は7月18日に公開してますので、実はその時点では既に取下げられていたことになります(見落としすみません)。

結局何がしたかったのかよくわかりませんが、長官指令が出ていることから審判請求料を払ってなかったのかもしれません。憶測でしかないですが、期日になっても出願人と連絡が取れないので、安全策として料金未納で請求だけしておいたのかもしれません(あまり褒められた話ではないですが実務上はやらざるを得ないケースもあります)。

いずれにせよ、現時点で分割出願の情報もないのでこの特許出願は日本においては権利化が断念されたと言ってよさそうです。

これだけの話なので、前記事への追記にしようと思いましたが、日本のSTAP特許出願はまだ粘っているのだとの誤解が広まるのは避けたいので独立した記事にしました。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ