12日に英国の与党・保守党はメイ党首に対する不信任投票を行うことを明らかにした。党の下院議員が1922年委員会委員長に提出した首相不信任の書簡が、規定の48通に達したため、不信任案投票が行われることとなった(BBC)。

 本来であれば11日に欧州連合(EU)離脱案の議会採決を行うはずが、それが通ることが難しいと判断してメイ首相は大敗を避けるために採決を先延ばしした。これに反対派が勢いづいた格好となった。

 メイ首相が保守党下院議員315人のうち過半数の158人から支持を得ることが出来ないと、党首は不信任になると後任を決める党首選に再立候補できないため、首相交代もあり得る事態となった。

 一時的に党を離れていた議員も含め317人が投票した結果は、信任200、不信任117で、メイ氏の信任が決まった。

 これを受けて外為市場では英国のポンドが買い戻され、欧米の株式市場は上昇した。リスク回避の巻き戻しの動きで、英国債は売られていた。

 メイ首相は投票に先立ち、2022年5月に見込まれる次期総選挙の前に退任する考えを表明しており、自らの退任と引き換えに離脱合意案への党内の支持を呼び掛けた格好となった。

 まさに背水の陣となったわけではあるが、合意なき離脱は回避したいとの意向も今回の投票結果には反映されているとみられる。今回はEUからの決別も辞さない強硬離脱派の議員を中心に書簡が集まったことで、これは離脱回避に向けた動きではなく、ソフトブレグジット路線を目指すメイ党首の動きを批判する動きともいえた。ただし、議員のなかには国民投票の再実施を求めるEU残留派などもいることで、これも問題を複雑化している。

 英国のEU離脱まであと100日余りに迫る中、こんなことで時間を取られている場合ではないとの見方もあった。今回の不信任案投票はなんとか乗り切った格好のメイ首相ではあるが、党内の亀裂は予想以上に大きいとされ、これで欧州連合(EU)離脱案の英国議会での承認を得られるというわけでもなく、まだまだハードルは高いようにみえる。この難局をメイ首相はどのように乗り切るのか。メイ首相の迷走は続く。