藤井聡太七段、最年少タイトル挑戦かけ広瀬章人竜王と激突―第69期王将戦リーグ最終戦展望

最年少タイトル挑戦&獲得記録更新が期待される藤井聡太七段(筆者撮影)

 渡辺明王将(35)への挑戦権を争う第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)は11月19日に東京・渋谷区「将棋会館」で挑戦者決定リーグ最終戦が一斉に行われる。挑戦者はここまで4勝1敗の広瀬章人竜王(32)と藤井聡太七段(17)の直接対決で決まる。

 このほかリーグ残留は4勝2敗の豊島将之名人(最終戦抜け番)と3勝2敗の羽生善治九段。陥落は1勝4敗の久保利明九段、糸谷哲郎八段、三浦弘行九段で確定している。

直近10局は藤井七段の好調が際立つ

<広瀬竜王の最近10局>

10月11、12日

竜王戦七番勝負第1局

対豊島将之名人 ●

10月23、24日

竜王戦七番勝負第2局

対豊島将之名人 ●

10月26日

順位戦A級

対糸谷哲郎八段 ○

10月29日

棋王戦本戦

対稲葉陽八段 ○

11月1日

王将戦リーグ

対羽生善治九段 ○

11月4日

王将戦リーグ

対久保利明九段 ○

11月7日

王位戦予選

対石川陽生七段 ○

11月9、10日

竜王戦七番勝負第3局

対豊島将之名人 ●

11月14日

順位戦A級

対羽生善治九段 ○

11月17日

将棋日本シリーズ決勝

対渡辺明三冠 ●

<藤井七段の最近10局>

9月25日

王位戦予選

対竹内雄悟五段 ○

9月30日

王将戦リーグ

対三浦弘行九段 ○

10月7日

王将戦リーグ

対豊島将之名人 ●

10月15日

順位戦C級1組

対宮本広志五段 ○

10月18日

王将戦リーグ

対糸谷哲郎八段 ○

10月21日

王将戦リーグ

対羽生善治九段 ○

10月28日

王位戦予選

対西川和宏六段 ○

11月5日

順位戦C級1組

対青嶋未来五段 ○

11月8日

ヒューリック杯棋聖戦2次予選

対阿部隆八段 ○

11月14日

王将戦リーグ

対久保利明九段 ○

 最年少タイトル獲得記録更新が期待される藤井七段は順位戦A級かつタイトル経験者ばかりの今回のリーグで奮闘した。2回戦の対豊島名人戦(過去0勝3敗)では苦杯を喫したものの、3回戦(日程の都合により5局目)でこれまで1勝3敗と負け越していた久保九段を破ってトップに並んだ。

 広瀬竜王も竜王戦七番勝負では豊島名人に0勝3敗と追いつめられているが、王将リーグでその難敵に勝って自身初の複数冠に望みをつないでいる。

 ただし最近の内容では藤井七段が差をつけての快勝が目立つのに対し、広瀬竜王は王位戦の対石川七段戦など中盤で苦戦を強いられることが多く不安を感じさせる。

 直近10局は広瀬竜王6勝4敗、藤井七段9勝1敗と調子には少なからぬ差があるようだ。

直接対決は過去1局のみ。今回も角換わり腰掛け銀を予想

<広瀬竜王―藤井七段過去の戦績>(肩書は対局当時)

2018年2月17日

朝日杯将棋オープン戦決勝

広瀬八段●-○藤井五段(先)

 昨年の朝日杯将棋オープン戦決勝で両者は初対戦し、先手番の藤井五段(当時)が大流行の角換わり腰掛け銀から鮮やかな攻めを見せ快勝している。

 リーグ戦では通常先手後手が抽選時に決まっており、今回の最終戦も藤井七段先手のため戦型予想は角換わりが大本命、1割くらい直近の青嶋五段戦で見せたような矢倉の可能性もあるだろう。

 一将棋ファンとして筆者は、広瀬竜王が最近大舞台で全く指していない、以前得意戦法としていた四間飛車穴熊を「秘策」として用いれば大いに沸くのではと思っている。