活況を呈すか今年の年末ネット商戦、米国のオンライン支出額予測は14%増の701億ドル

(写真:ロイター/アフロ)

米国の市場調査会社コムスコアがこのほどまとめた米国の消費支出に関するリポートによると、この11月から12月にかけてのホリデーシーズンにおける同国のオンライン小売り支出額は701億ドルとなり、1年前の同じ時期の613億ドルから14%増える見通しだ。

この支出額の前年比伸び率は、昨年の15%水準を若干下回る。だがコムスコアのジャン・フルゴニ名誉会長によると、今年の景気見通しは楽観的という。

今年は感謝祭(11月第4木曜日)からクリスマスまでの日数が1日多く、ガソリン価格が低下している。これらのことから消費者の支出の機会と金額がともに増えると、同氏は述べている。

また昨年は、感謝祭とその翌日のブラックフライデーにおけるオンライン支出額が25%以上伸び、比較的不振だった実店舗販売を十二分に補ったが、今年はそれと同じことが起こるという。

アマゾンが断トツ

さらに同氏は、米ニュース専門放送局CNBCの経済ニュース番組の取材に応じ、より詳細なデータを公表している。それによると、消費者の全オンライン支出のうち、米アマゾン・ドットコムに支出される金額は20%に上り、同社は米国のネット小売りで最大のシェアを誇るという。

これに次ぐのが米イーベイで、そのシェアは10%。一方で米小売最大手のウォルマートのシェアはわずか4%。このあと同じく小売大手のターゲットが僅差で続く。

フルゴニ氏によると、アマゾンのシェアは、その後に続く6社の合計シェアよりも大きい。そして、こうした状況に変化をもたらす兆候は今のところ一切ないと同氏は話している。

進む、モバイルへのシフト

なお今年のホリデーシーズンにおけるオンライン支出のうち、パソコンからのアクセスで支出される金額は583億ドルとなり、1年前から9%増加するとコムスコアは予測している。

一方スマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末からの支出額は117億ドルとなり、オンライン支出全体の17%を占めるという。

モバイル端末経由の支出額は依然パソコンのそれに比べて少ない。だがその前年比伸び率は47%になると予測している。

フルゴニ氏はこうした傾向について、「消費者市場では実店舗への支出からオンラインへの支出というチャネルのシフトが起きている。そして新たな傾向として、人々はパソコンからモバイル端末へとシフトしている」と述べている。

サイバーマンデー、今年も記録を更新

一方で米国では、感謝祭の休日明けの最初の月曜日にオンライン小売りが活況を呈すことから、この月曜日をサイバーマンデー(今年は11月30日)と呼んでいる。コムスコアによると、今年のサイバーマンデーのオンライン支出は30億ドルを超える見通し。

この金額は1日当たりのオンライン支出額として過去最高で、これによりサイバーマンデーの支出額は6年連続で記録を更新すると、同社は予測している。

JBpress:2015年11月27日号に掲載)