次期「iPhone」大幅なアップグレードへ 感圧タッチ搭載、メモリーやプロセッサ、カメラ機能も向上

海外メディアの報道によると、今秋発売が見込まれている、米アップルの次期「iPhone」は、機能や性能が大幅に向上する可能性があるという。

台湾KGI証券の著名なアナリスト、ミン・チー・クオ氏が顧客向けに出した調査ノートでそう報告したという。

最新技術「感圧タッチ」を搭載

同氏はかねて、iPhone 6の後継モデルでは「感圧タッチ(Force Touch)」と呼ばれる技術が採用されると報告していたが、今回の調査ノートでもこの技術について触れている。同氏はこれが次期iPhoneの目玉機能になると予測している。

この感圧タッチは、現行のノートパソコンのうち、12インチの「MacBook」と「MacBook Pro Retinaディスプレイ」の13インチモデルのトラックパッドに使われている。

また先月発売した腕時計型端末「Apple Watch」のディスプレイにも採用されており、指先で軽く触れるタップと、強く押すプレスの違いを感知する。

クオ氏によると、この機能により、端末の操作方法が豊富になり、iPhoneの使い勝手が一段と向上するという。

また次期モデルではプロセッサが現行の6シリーズで使われている「A8」から新たな「A9」に変わり、メモリーは1GBから2GBになる。背面のメインカメラは800万画素から1600万画素に向上するという。

Apple Watchと同じ「ローズゴールド」採用か

このほか、画面サイズが大きくなったにもかかわらず、より薄型になった6シリーズで取り沙汰された本体強度の問題にも、アップルは取り組むという。

G for Gamesによると、名称が「iPhone 6s」「同6s Plus」になると噂されている次期iPhoneには、Apple Watchのスポーツモデル同様、標準的なアルミニウム合金よりも60%強い「7000シリーズアルミニウム」が使われるという。

さらに指紋認証機能の「Touch ID」の精度向上が図られ、Apple Watchの最上位モデルのような「ローズゴールド」カラーも用意される可能性があると、クオ氏は報告している。

一方で昨年、iPhone 6シリーズに採用されると噂されたが、結局実現しなかったサファイアディスプレイについては、6s Plusに採用される可能性があるという。

ただこのサファイアについては、6s Plusの全モデルに使われるのではなく、6s Plusに限定モデルが別途用意され、そちらに採用されるとクオ氏は報告している。

もはやマイナーチェンジでは勝てない

クオ氏の調査ノートがどこまで正しいのか今のところ分からない。だが同氏はアップルの新製品や発売時期を独自調査で当ててきたことで知られる人物で、その予測の精度には定評があると言われている。

米シーネットによると、アップルがこうして短い期間にiPhoneの機能を大幅に向上させるのは、韓国サムスン電子の「Galaxy S」シリーズなどのライバル製品との間で競争が激化しているからだという。

アップルは画面を大型化した6シリーズで、それまでに失った顧客を取り戻した。今後もこの状況を保つためには、次ぎの6sシリーズでもフルモデルチェンジ並みのことをしなければならないとシーネットは伝えている。

JBpress:2015年5月14日号に掲載)