3日(日本時間4日)、ボクシングWBO世界バンタム級王者のジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の王座剥奪が発表された。

WBOが正式に発表

カシメロは先月22日、同級1位のポール・バトラー(イギリス)との対戦が予定されていた。

この試合は、本来であれば昨年12月に行われる予定だったが、カシメロの体調不良による計量のキャンセルで中止となっていた。

再度試合が組まれたが、カシメロが試合直前の調整でサウナを使用する映像を自身のYouTubeチャンネルにアップしたことで事態が急変。

英国ボクシング管理委員会(BBBofC)は、試合前のサウナの使用に厳格な規定を設けており、医療ガイドラインの違反行為を行ったとして、試合に出場できなくなった。

相次ぐトラブルにより、WBOはカシメロの王座剥奪を決定した。

バトラーは代役のジョナス・スルタン(フィリピン)と暫定王座決定戦を行った。

3-0の判定で勝利したものの暫定王者となっていたため、正規王座に昇格することが発表された。

物議を醸すカシメロ

カシメロはここ最近、何度も試合をキャンセルしていた。

昨年7月にはWBC王者のノニト・ドネア(フィリピン)との対戦が内定していたが、ドネアが要求するドーピング検査をカシメロが拒否。それにより試合が消滅した。

次に決まったのは元2階級王者のギジェルモ・リゴンドー(キューバ)との対戦。

この試合は予定通り行われたが、防御力の高いリゴンドーにカシメロの強打が不発。なんとか2-1の判定で勝利したが、大苦戦となった。

2019年に当時WBO王者であったゾラニ・テテ(南アフリカ)を破り、一躍脚光を浴びたカシメロだったが、それ以降は試合数も減り1年に1回のペースとなっていた。

実戦経験も不足し、プロモーターとの不仲も噂され、ビッグチャンスを掴めない日々が続いていた。

対抗王者であった井上尚弥を盛んに挑発して対戦を仰いでいたが、最後は自滅する形で戦線離脱となった。

井上の4団体統一に期待

カシメロの離脱により、井上の4団体統一への道は一気に広がった。現在バンタム級は下記の王者が君臨している。

WBA&IBF 井上尚弥

WBC ノニト・ドネア

WBO ポール・バトラー

2つのベルトを持つ井上は、6月にドネアとの再戦が決まっている。

その試合に勝利すれば、4団体統一戦として対抗王者のバトラーとの試合が決まる可能性は大いにある。

バトラーも、井上VSドネアの勝者と対戦を希望している。

海外メディアのインタビューで「私はWBOのベルトを巻いた。さらに大きなビッグマッチに挑む気持ちはある。まずは、ナオヤ・イノウエとノニト・ドネアの試合の結果を興味深く見守りたい」と話している。

井上は減量がきつく、一つ上のスーパーバンタム級への転向も示唆しているが、カシメロの離脱により状況が変わってきた。今後の動向が気になるところだ。

井上が目指す4団体統一王者は、全階級を通じて7名しか存在しない。その快挙を成し遂げたら井上の名前はさらに広がっていくだろう。