井上尚弥の対抗王者カシメロが圧勝「次はイノウエ」統一戦への期待が高まる

(写真:ロイター/アフロ)

26日(日本時間27日)アメリカでWBO世界バンタム級タイトルマッチが行われ、王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)が同級11位デューク・ミカー(ガーナ)と対戦した。

カシメロは今年の4月に井上尚弥(27=大橋)と対戦予定だったが、新型コロナウイルスの影響で試合が延期。

交渉が難航し今回の試合となった。

カシメロは昨年の11月にタイトルを獲得して以来の試合だ。対するミカーは24戦24勝(19KO)の戦績で、初の世界挑戦となった。

試合の展開

序盤からカシメロが自慢の強打をミカーに浴びせ、左右のフックを振り回しペースを握っていく。

打ち終わりにガードが緩みパンチをもらうが、構わず攻め続ける。

2ラウンドに入るとより一層圧力をかけていく。2ラウンド1分過ぎには、カシメロの左フックから右のクロスが直撃し、ダウンを奪う。

ミカーもカシメロの強打に押されて手数が少なくなる。

3ラウンドに入ると、さらにプレッシャーを強めて強打を振り回す。

相手の勢いが落ちてきたのを感じたのか、ノーガードになりながらもパンチを振り回す。

ロープにつめてアッパーを連打したところで、レフリーが試合をストップ。

カシメロが圧倒的な強さを見せつけて3RTKO勝利。王座を初防衛に成功した。

試合後には、片手で腕立てふせを披露する余裕を見せた。

カシメロの強さ

カシメロの強打が爆発した試合となった。最近では6連続KO勝利と絶好調だ。

ときおりパンチをもらうなど防御に隙があるが、それをカバーするほどの攻撃力を持っている。

一発を全力で打つので、相手も警戒してディフェンスに回ってしまう。結果、後手になりペースを奪われてしまう。

カシメロにとって攻撃が最大の防御である。しかし、ディフェンスだけ見れば、打ち終わりなどにパンチを被弾する場面もあった。

前半に強いが、後半になると動きも落ちる。その辺り隙があるだろう。

「次はイノウエ」

対抗王者の井上尚弥は、10月31日に(日本時間11月1日)WBO1位のジェイソン・マロニー(オーストラリア)との試合が決まっている。

その試合に勝利すれば、次戦で対戦する可能性は十分にあるだろう。

カシメロも井上を意識しており、メディアを通して挑発を繰り返している。

試合後のインタビューでも「次はイノウエだ、お前はモンスターじゃない」と強気な発言をした。

井上も自身のSNSで「あんな大振りでは俺に当てる事はできないだろう」とコメントし早くもヒートアップしている。

両者ともにKO率が高く、目が離せない試合となるだろう。

井上を中心に盛り上がりを見せる、バンタム級戦線に注目だ。