世紀の再戦は文句なしの圧勝 フューリーがワイルダーをKOで下し新王者へ

(写真:ロイター/アフロ)

22日(日本時間23日)アメリカラスベガスのMGMグランドガーデンアリーナでボクシングのヘビー級タイトルマッチが行われた。

WBCヘビー級チャンピオンのデオンテイ・ワイルダー (米)が、挑戦者で元統一王者のタイソン・フューリー(英)と戦った。

前回の試合ではドロー、その試合から約1年2ヵ月ぶりの再戦となった。

体格差が目立ったフューリー

試合会場のMGMグランド・ガーデン・アリーナには1万7000人が詰めかけた。

満員の観衆の中、両者の入場は非常に個性的だった。

挑戦者のフューリーは、王冠をかぶり赤いマント姿で黄金のイスに座ったまま神輿で入場。

王者のワイルダーは、黒ずくめに仮面とよろい姿で、目の周りを赤く光らせて入場した。

両者入場すると大きな歓声が上がり、リングアナのジミー・レノンジュニアのアナウンスで会場のボルテージも最高潮となった。

リングに上がり向かい合うと体格差が大きく出た。

前日に行われた計量では、ワイルダーが231ポンド(約104.7キロ)フューリーは273ポンド(約123.7キロ)。

身長は、ワイルダーが身長201cm(リーチ211cm)、フューリーが206cm(リーチ216cm)。

体重も体格もフューリーがひとまわり大きかった。

試合の展開

試合が始まると、互いに距離をはかりながらジャブをついていく。

体格が大きいフューリが前に出ながらプレッシャーをかけていくのに対して、ワイルダーはプレッシャーにおされ、下がりながらパンチを打つ。

フューリが先手で巧みなジャブをつき、試合をコントロールしていた。

ワイルダーも右の一発を狙うが、フューリーの懐が深くパンチが届かない。次第にフューリがペースを掴み、ワイルダーを追い詰めていく。

さらにガードを下げながらのフリッカー気味のジャブがヒットして、ポイントを積み重ねていった。

ワイルダーは、フューリーの下がったガードを狙って右を打ち込むが、間合いを見切られてしまい当たらない。

第3Rには、フューリーのワンツーがヒットしてワイルダーがダウン。なんとか立ち上がったが、足元がおぼつかない。

その後もフューリーのプレッシャーにおされ勢いを失っていく。

ワイルダーは、焦りからか右の一発を狙い動きが単調になっていく。

次第にワイルダーは打たれた影響と疲労で消耗していき、5R目にはフューリーのボディで2度目のダウン。

そして第7R。フューリーがワイルダーをコーナーに詰め、右の連打を打ち込んだところで、レフリーが試合をストップ。

ワイルダー陣営のセコンドからタオルが投入され、フューリーのTKO勝利となった。

フューリーは、過去に獲得したWBAスーパー・IBF・WBOのベルトに加え、4つ目となるWBCのベルトを手に入れた。

4団体統一に向けて

試合後、両者へのインタビューが行われた。

敗れたワイルダーは「万全の準備をしたが言い訳はしない。もっと強くなって戻ってくる」と再起を誓った。

フューリーは「神に感謝したい。栄光をつかむことができた。彼は正々堂々と戦った。彼はまたチャンピオンになる」とワイルダーの健闘を讃えた。

今回の勝因は、フューリーの作戦がうまくハマったことだろう。

初戦では足を使いポイントアウトで戦っていたが、今回は体重を10kg以上増量し、体格差を活かしてプレッシャーをかけた。

ワイルダーも、その圧力におされ手が出せなかった。

フューリーは技術でもパワーでも、この階級での強さを印象づけた。

今後、3度目の試合の可能性もあるが、この階級には、3団体統一王者(WBAスーパー&IBF&WBO)のアンソニー・ジョシュア(イギリス)がいる。

ジョシュアは、今回の試合の勝者との対戦を希望している。

主要4団体となるボクシング界だが、ヘビー級で4団体同時制覇している王者はいない。

そのため、初の快挙となる4団体統一戦の実現が望まれる。

試合会場には、マイク・タイソン(アメリカ)、イベンダー・ホリフィールド(アメリカ)、レノックス・ルイス(イギリス)の三人のレジェンド達も訪れていた。

時代も移り変わり、新しい時代のヘビー級が盛り上がりを見せる。

ヘビー級頂上決戦も近いだろう。