八重樫東「試合以降は自分の人生を全く考えてない」キャリア集大成で世界挑戦へ

全てスタッフ撮影

今月の23日、横浜アリーナでIBF世界フライタイトルマッチが行われる。チャンピオンのモルティ・ムザラネ(37=南アフリカ)に元3階級制覇王者の八重樫東(36=大橋)が挑戦する。

今回の試合は、約2年半ぶりの世界挑戦となる。

アマチュアボクサー時代から交流がある著者が、試合に向けてインタビューした。

世界戦の衝撃発表

ーーー急に決まりましたね。

八重樫:もともと水面下では話がありました。スーパーフライ級かフライ級でチャンスがあるかもって。

ーーー今年の年末ですね。

八重樫:たまたま年末に照準を合わせていた時に「IBFでフライ級でチャンスがあるぞ」という話を受けました。

ーーーなるほど。衝撃発表でした。

八重樫:誰も気づいてなかったと思いますが、フライ級でランキングに入っていたんですよ。知らなかったでしょう?

ーーー知らなかったです。

トリプル世界戦があると発表されて拳四朗、村田諒太、あともう一人という話は聞いていましたが。

八重樫:伊藤雅雪か、比嘉大吾復帰戦か…。まさかの八重樫(笑)

ーーーきたー!って感じですね(笑)

八重樫:やったでしょ。

ーーーずっとスーパーフライ級でやっていて、フライ級に下げる影響はありますか?

八重樫:スーパーフライ級も楽だったので、減量は問題ないです。

ーーー減量は何キロぐらいしますか?

八重樫:8キロぐらいですね。

ーーーモチベーションはどうですか?

八重樫:モチベーションはあります。世界戦は久しぶりですし、今回は挑戦者ですから。それに、世界戦の雰囲気好きなので。これから少しずつ気持ちを上げていきます。

画像

モルティ・ムザラネについて

ーーー今回の相手ムザラネについてはどう思いますか?

僕も、9月に行われたフライ級タイトルマッチ黒田雅之(川崎新田)VSムザラネ戦を観ました。捉え所がない選手ですよね。

八重樫:ちょうどその時解説をしていました。戦うと思ってなかったので、そういう視点で見ていませんでしたが、やりづらい選手という印象です。

ーーーここのところ負けてないですよね。

八重樫:2敗ぐらいです。ドネアに負けてから負けてないですね。

ーーーカシメロ、テテにも勝っている。今回の作戦は?

八重樫:それは言えない(笑)どういう勝負になるかわからないから、風を感じて戦います。

ーーーでは、普段通りの自分のスタイルで戦うということですかね。

八重樫: それが一番ですね。後は試合まで怪我をしない事、1日1日の練習をきっちりこなしていく事ですね。

最後のレジェンド

ーーー年齢的なところを感じたりしますか?

八重樫:感じるよ!疲れて、元に戻らない。

ーーー回復が遅いということですかね。

八重樫:まぁ、しょうがないんですけどね。それも含めて、日常の練習をコントロールしていくことが大切ですね。

ーーー内山さん、山中さんも引退して、最後のレジェンド的な存在ですよね。

八重樫:悪あがきしてるよね(笑)こんなに長くやると思っていなかったです。

ーーー今、プロ何年目ですか?

八重樫:プロ15年目くらい。

ーーーすごいですよね。プロデビューから、あれよあれよと3階級制覇。すごくないですか?

八重樫:どうなんだろうね。引退してからなら「あぁ、俺頑張ったな」ってなりますけど、今は現役だから、ムザラネをぶっ飛ばすことしか考えてないですね。

画像

ボクシングスタイル

ーーー八重樫さんはアマチュア経験豊富ですし、オールラウンダーですよね。アマチュアの時はボクサーファイターよりでしたよね。

八重樫:プロでの経験から、攻撃型になりましたね。スタイルは、その時のメンタルによって左右されることもあるから。

その試合になってみないと、どういう自分が出るかわからない。

ーーー練習で一番意識することはありますか?

八重樫:体の使い方ですね。瞬発力を高める方法とか。

ーーーSNS見るとキャンプとかで走りこみしてますよね。

八重樫:死んじゃいますよ。若い選手は寝れば回復しますけど、俺は氷当てて一生懸命ケアしてボロボロになってやってたけど。

「こいつらには負けない」ってやってたからいい刺激になっていました。

ボクシングは趣味

ーーーボクシングを始めたのは?

八重樫:高校1年生からですね。

ーーーボクシングは好きですか?いろんな選手に聞くと嫌いでやってる人も多いんです。

八重樫:好きですよ。内山さんの言葉を借りると「ボクシングは趣味」だから。好きじゃなきゃできないでしょう。

ーーー今までのキャリアで一番嬉しかったのは?

八重樫:高校三年生、インターハイ優勝での優勝ですね。

ーーーずいぶん昔ですね(笑)

八重樫:瀬戸口との決勝戦。一番嬉しかった。

井岡一翔について

ーーー井岡選手との統一戦とかもありましたね。4階級制覇した彼と、またやりたいですか?

八重樫:やりたいですね。そこには面白さを見出せます。

ーーー初戦の時、覚えていますか?すごく競っていましたね。

八重樫:あの試合があったから、今があると思います。

ーーータイトル取っていきなり統一戦。守ろうとか思わなかったんですか?

八重樫:その時しかできないという感じだったから。井岡くんも減量きつくて上げる話もあったので。

ーーー今も活躍していますが、ライバルという感じですか?

八重樫:井岡くんとしては「八重樫さんとは終わりましたよ」という感じでしょうけど、「チャンスがあったらやってくれよ」と思います。

画像

大橋ジムについて

ーーー大橋ジムを選んでプロ生活を歩んできましたが、環境は自分に適していますか?

八重樫:このジム選んでよかったなと思うことはたくさんありますね。

ーーーどういう点が?

八重樫:会長の方針ですね。「こういうトレーニングしてみたいんですけど」「やってみな」と後押ししてくれる所ですね。

ーーーチャレンジを後押ししてくれるということですね。

八重樫:そうですね。マッチメイクも基本チャレンジマッチ。挑戦者の気持ちで試合に望めるので。米倉会長の流れを汲んでいるんでしょうね。

ーーー大橋は独特の団結力がありますよね。

八重樫:そういうのは会長が意識的にやっている部分もありますね。それに、井上尚弥の存在も刺激になって、ジム全体にいい流れができていると思います。

今後のボクシング

ーーーもちろん今は世界戦だと思いますが、今後の展開についてどう考えていますか?

八重樫: 23日以降は自分の人生を全く考えていないです。

ーーー予定を入れていないということですか?

八重樫:入れられないですよね。どうなっているか分からないので。俺の人生はとりあえず23日で一回終わるんですよね。

ーーー次の事とかも全く考えない。

八重樫:そうですね。白紙です。

ーーー今までやってみたかった選手いますか?

八重樫:ビロリアとかですね。フライ級の時。

ーーー八重樫さんに取って戦うモチベーションは何ですか?

八重樫:ボクシングが好きだから。自分の人生作ってきたものだから、そう簡単には終わらせることはできないですね。

ーーー今、社長やったり、カフェやったり大変ですよね。

八重樫:戦い続けるしかないですよ。自分の武器を使ってやります。何かしらでボクシングに、恩返ししていきたいですね。

ーーー最後に試合に向けて意気込みを聞かせてください。

八重樫:同い年ですからね相手が。

ーーーそうですよね。モチベーション上がりますよね。

八重樫:だから勝ちます。負けたら引退とは言いませんが、そういう気持ちもある中で、楽しんで試合に向かいたいなと思います。

37歳ですからね。親父ファイトですよ。

ーーーシルバータイトルマッチ(笑)

八重樫:それ会長が言ったんですよ(笑)37年、同じ時間を過ごしている選手ですからね。負けたくないですよ。

インタビューをして、今回の試合に向けての意気込みを聞けた。いい意味で肩の力が抜けて、モチベーションも高いようだ。

プロキャリア16年、アマチュアのキャリアも含めて20年以上のキャリアになる。その集大成を試合にぶつけてほしい。

画像