エリートVS雑草 世界王者 京口紘人が1位久田哲也と大阪で激突

写真 全てスタッフ提供

10月1日、エディオンアリーナ大阪でWBA世界ライトフライ級タイトルマッチが行われる。

チャンピオン京口紘人(25=ワタナベ)と、同級1位の久田哲也(34=ハラダ)との対戦が発表された。

京口は、昨年の年末に獲得したベルトの2度目の防衛戦となり、久田はデビューから46戦目で初の世界挑戦となる。

挑戦者の久田哲也

デビューから1年ほどで世界タイトルを獲得した京口に対し、久田は2003年にプロデビュー。

プロキャリア16年目で世界挑戦までたどり着いた。

戦績も、13戦全勝(9KO)の京口に対し、久田は45戦34勝(20KO)9敗2分と3倍以上プロキャリアがある。

久田が、日本タイトルを獲得したのは2017年。

そこからタイトルを5度防衛して、今回のチャンスを得た。

会見では「30歳になった時は、周りから『もう、あきらめろ』と言われたりしたけど、やっとここまで来られた。

色んな人たちの思いを拳に乗せて戦います」と試合に対しての意気込みを語った。

最近はアマチュアでのキャリアを積んでプロデビューし、世界王者になるケースが多くなった。

ここまで長い期間をかけて、チャンスを掴んだのは異例のケースとなる。

久田のボクシングのスタイルは、右構えの好戦的なファイタースタイルだ。

前に出て、プレッシャーを掛け手数を出していく。スタミナと打たれ強さがあるので、ほとんどKO負けもない。

私は以前、彼と同じトーナメントに出場し、試合を観たことがある。

根性があり前にガンガン出てくるので、非常に戦いたくない相手だと感じた。

ここのところは13連勝で、内9回のKO勝ちを含んでいる。

画像

階級を上げた京口紘人

京口紘人は、6月にタナワット・ナコーン(タイ)を相手に迎え、2度目の防衛戦に臨んだ。

試合では、京口がプレッシャーを掛け挑戦者のタナワットを追い詰めた。

本人はKOを狙っていたので、判定決着に納得がいってないようだったが、無敗の挑戦者相手に格の違いを見せつけた。

年末にミニマム級から階級を上げて、スーパー王者のブドラーをKOで下し、ライトフライ級のタイトルも獲得した。

減量苦もあり、下から階級を上げてきたが、軽量級離れをしたパワーを持っている。

階級を上げると、自分のスタイルをその階級に合わせる必要がある。

ミニマム級ではパワーで圧倒したが、階級を変えるとスタイルチェンジも必要とされる。

新たにフィジカルトレーニングを取り入れ強化している。

前回の試合ではパワーに頼る場面もあったが、アマチュアで磨いてきたテクニックもある。

まだまだ若いし、伸びしろはあるだろう。

今回の試合では、ベテランの久田相手に、格の違いを見せつけられるかに注目だ。

画像

熱戦に期待高まる

お互いにファイタータイプなので、噛み合う試合になるだろう。

2人とも地元大阪での試合となり、熱戦が繰り広げられることが予想される。

京口にとって、決して楽な試合にならないだろう。

スパーリングと試合が違うように、世界戦は、通常の試合と大きく異なる。

挑戦者の久田は、120パーセントの気持ちでベルトを獲りにくる。

世界戦のチャンスはなかなか訪れない。久田は選手生命を懸けて向かってくるだろう。

長くこの階級を主戦場にしてきた久田と、階級を上げてきた京口との打ち合いは見ものだ。

対抗王者では、先日見事なKOで勝利した、WBC王者の拳四朗が君臨している。お互いに意識しているようだ。

拳四朗との統一戦の行方も気になるところだが、今回の試合でいい勝ち方をして、対戦に漕ぎ着けたいところだ。

お互いの意地と意地がぶつかる、熱戦に期待したい。