パッキャオが大激戦で王座統一 勝利を引き寄せた渾身のボディブロー

(写真:ロイター/アフロ)

7月20日(日本時間7月21日)アメリカのラスベガスのMGMグランドガーデンアリーナで、ボクシングのWBA世界ウェルター級王座統一戦が行われた。

6階級王者でWBA世界ウェルター級王者のマニー・パッキャオ(40=フィリピン)と、WBA世界同級スーパー王者で無敗のキース・サーマン(30=アメリカ)が戦った。

パッキャオがいきなりダウンを奪う

試合が始まる前から会場の雰囲気は「パッキャオ」だった。

対戦相手のサーマンが、ブーイングの飛び交う中入場したのに対し、パッキャオは、多くのファンからの大歓声の中入場した。

40歳を超えるパッキャオだが、依然としてアメリカファンからの人気が高い。また、世界中のボクサー達から、絶大な支持を集めている。

会場には、元5階級王者のフロイド・メイウェザーも足を運んでいた。そして大観衆の中、試合開始のゴングが鳴った。

サウスポースタイルのパッキャオに対し、右構えのサーマンは、左で間合いを測りながら、距離を詰めようとする。

パッキャオが飛び込みながら打つパンチには、迫力がある。それを警戒してか、サーマンも迂闊に中に入れない様子だ。

試合が動いたのは、1Rの終盤。

パッキャオが飛び込みながら打ったストレートの返しのフックが当たり、サーマンがダウン。

このラウンドは凌いだが、パッキャオは、このパンチで流れを掴んだようだ。その後、積極的に前に出て、試合を有利に進めていく。

前半はパッキャオペースで試合が進んだが、中盤になると、サーマンも距離を掴んできたのか、パッキャオの前進をいなしていく。

離れた距離になると、体格に勝るサーマンが優位に試合を進めていた。

ボディブローで流れを引き寄せる

接近戦のパッキャオ。長距離のサーマン。お互いが得意な距離に持ち込もうと、激しいペース争いが繰り広げられる。

アグレッシブに攻めるパッキャオに対して、サーマンは的確なパンチで、パッキャオの顔面にパンチを集めていく。

お互いの持ち味を活かし、大激戦となった。

後半になると、流石のパッキャオも疲労してきたのか、動きが落ちてくる。

すると、サーマンが長い距離を活かしてポイントを稼ぎ、流れを引き寄せてくる。

しかし、第10ラウンドにパッキャオが放った左レバーブローが、サーマンに直撃し、ダウン寸前の苦しい展開になる。

ボディを打たれると、呼吸ができなくなりスタミナにも影響する。

後半になって、サーマンがペースを握り始めた時だっただけに、このパンチは非常に効果的だった。

パッキャオが、一発のパンチで流れを変えた。

最終ラウンドでは、お互いに出し尽くし、ゴングがなった。

判定では、2-1(115対112、115対112、113対114)でパッキャオが勝利し、WBAの王座統一に成功した。

40歳とは思えない動きのパッキャオが、無敗のキース・サーマンに初黒星をつけた。

今後のパッキャオ

パッキャオは、40歳になっても最前線で戦い続けている。

フィリピンの上院議員でもあり、大統領候補とも言われる彼は、アスリートの枠を超えたレジェンド的な存在だ。

今回の試合でも、多くのファンの期待を背負い戦っていた。

パッキャオが入場するだけで、ワクワクする。そんな存在感のある選手は、なかなかいないだろう。

次戦の相手として、元WBA・IBF世界スーパーライト級王者アミール・カーン(英国)との対戦が発表されたが、パッキャオ陣営は否定している。

他にも、対抗王者のIBF王者エロール・スペンスJr(米国)からは、統一戦を呼びかけられている。

本人は否定はしているが、5階級王者のフロイド・メイウェザーも候補に上がっている。

今回の試合を見ても、まだまだトップクラスと戦える。人々に必要とされる限り、戦い続けるのではないだろうか。

パッキャオを超える、スター誕生にも期待したい。政治家としての顔を持つパッキャオの次戦は、来年以降になりそうだ。

年齢を超越したパッキャオの挑戦は続いていく。