「強すぎて相手がいない」圧勝した拳四朗が強い相手を募集

写真 全て本人提供(FUKUDA NAOKI)

12日にエディオンアリーナ大阪で、ボクシングWBC世界ライトフライ級タイトルマッチが行われた。

チャンピオンの拳四朗(27=BMB)が、最強挑戦者の同級1位のジョナサン・タコニン(32=フィリピン)を衝撃KOで下し、試合を決めた。

ワンパンチで試合を決める

序盤はフットワークを使う拳四朗に対して、サウスポースタイルのタコニンは、プレッシャーを掛ける。

軽量級では、破格の8割KO率を誇るタコニンのパンチは迫力がある。

拳四朗は、右を放ちタコニンの前進を止め、ジャブで距離を測りながら、右のパンチをタイミングで合わせていく。

身長が低いタコニンを相手に、時折右アッパーを打ち、タイミングよくパンチを決めていた。

徐々に、拳四朗がペースを掴みタコニンにパンチを集めていく。ベストな間合いを掴んだのだろう。

タコニンは、一発狙いで強打を振り回すが拳四朗には当たらない。パンチが当たらないのは、焦りに繋がりスタミナを消耗する。

相手の打ち終わりにもパンチを集めダメージを蓄積させていった。

そして迎えた第4ラウンド、タコニンが振りかぶったパンチの打ち終わりに、拳四朗のカウンターがヒットしダウンを奪う。

立ち上がったが、目の焦点があっておらずフラフラで、レフリーがそこで試合をストップした。

地元の大観衆の中、拳四朗がKOでアピールし、1位の最強挑戦者相手に見事な戦いで圧勝した。

画像

キレとタイミングでKO

拳四朗は、世界タイトルを6度防衛し、内4回はKO勝ちで、相手を圧倒している。体重が軽い軽量級のなかで、これは非常に高いKO率だ。

拳四朗のスタイルは、その独特の距離感にある。剣道や日本拳法のような間合いで、相手との距離感を掴むのが非常にうまい。

一発のパワーパンチで倒すというよりは、キレとタイミングで相手をノックアウトしてきた。

今回の試合でも、距離感を掴み最後はタイミングで倒した。

また対サウスポー相手に、ノーモーションの右ストレートを多用して、相手の出鼻をくじいていた。

総合的に優れていて、弱点がない。

ここ最近は、KOのタイミングを掴んできて、一撃で相手を倒す試合が増えてきた。

本人提供 セコンドのアドバイスを聞く拳四朗
本人提供 セコンドのアドバイスを聞く拳四朗

期待高まる統一戦

拳四朗の目標は、具志堅用高氏の持つ連続防衛記録の13回を超えることだ。階級は上げず、この階級に留まって防衛をしていくのだろう。

そうなればファンの期待は、より強い相手との試合「統一戦」になる。

ランキング上位の選手でも相手にならないので、他団体の王者との試合が気になるところだ。

ライトフライ級の他団体の王者達

WBO エルウィン・ソト(メキシコ)

IBF フェリックス・アルバラード(ニカラグア)

WBAスーパー 京口紘人 

WBAレギュラー カルロス・カニサレス(ベネズエラ)

中南米の選手が多いが、日本人王者に京口紘人(25=ワタナベ)がいる。

拳四朗の試合後に、京口は「強かったですね。でも、やれば僕が勝ちますよ」とコメントをくれた。

2人は学生時代に試合をしたり、練習でもスパーリングで対戦している。

どちらが強いのか、見たいところだ。

拳四朗も、「統一戦を含めて、強い選手と戦いベルトを集めたい。強い挑戦者の皆さん、どんどん挑戦してきて下さい、待ってます!」

と話していた。

ファイタータイプの京口と、出入りを活かした拳四朗の戦いは、実現したら面白い試合になるだろう。

2人とも「王者として認められたい」という想いを持っているので、次のステップに進むために、統一戦を実現してほしい。

ライバルの存在が、自分を成長させ強くしてくれる。この2人のライバル対決に、ぜひ注目していきたい。

画像